まだまだ勝負はこれから!
エアレースパイロット室屋義秀の真のすごさとは?

2018.06.01 デイリーコラム

わずかな違いが命取りに

バーチカルターンからシケインに入った室屋義秀は、突然高度を上げてレーストラックから離脱した。

その瞬間、幕張の会場に訪れた観客がどよめいた。強敵、マット・ホールのタイムにせまる勢いで飛んでいたし、パイロンヒットのペナルティーもなかった。なにが起こったのかとっさに理解できない。次の瞬間、モニターに映し出されたのは、“オーバーG”によるDNF(Do not finish)の文字。会場中からは、悲鳴のような声が上がった――

2018年5月27日、千葉・幕張で開催された「レッドブル・エアレース千葉2018」。世界のレースパイロットが飛行技術を競うこのレッドブル・エアレースは、旋回中の重力加速度が12Gを超えた場合、即座にタイムアタックを中止しレーストラックから離脱しなければいけないルールになっている。室屋は勝負どころのひとつであるバーチカルターンできつくターンしすぎ、12Gを超えてしまったのだった。

一対一の勝ち抜き戦を繰り返すレッドブル・エアレースで、決勝の第1回戦となる「ラウンド・オブ14」。7組が戦い、勝ち残った7人と敗者の中で最速タイムを記録した1人が、次の「ラウンド・オブ8」へとコマを進める。仮にマット・ホールに負けたとしても、7人の中で最速になっていれば室屋は次のラウンドに進めるはずだった。2017年に続き今年もチャンピオンになるためには確実にポイントを取ることが重要で、ラウンド・オブ14では、着実に上に進む飛び方をしなければならなかった。

室屋もそれを理解してはいたが、先行して飛んだマット・ホールのタイムが予想していたより1秒近く速かったために、焦りが出てしまった。前日まで使っていたスモールテールと呼ばれる小型の尾翼から通常の尾翼に戻したため、操縦感覚にわずかな差が生じていたかもしれないと、レース後に室屋は語っている。超高速で飛ぶレッドブル・エアレースでは、このわずかな差が命取りになってしまうのだ。

大事なレースでの致命的なミス。しかし、室屋がこれで調子を落としていくことはないだろうと筆者は考えている。

2018年5月27日の「レッドブル・エアレース千葉」でタイムアタックに臨む、室屋選手とその機体。(Joerg Mitter/Red Bull Content Pool)
2018年5月27日の「レッドブル・エアレース千葉」でタイムアタックに臨む、室屋選手とその機体。(Joerg Mitter/Red Bull Content Pool)拡大
コックピット内の様子。競技中のパイロットには、時に体重の10倍を超える重力がかかる。写真は5月25日に行われた練習日のワンシーン。(Joerg Mitter/Red Bull Content Pool)
コックピット内の様子。競技中のパイロットには、時に体重の10倍を超える重力がかかる。写真は5月25日に行われた練習日のワンシーン。(Joerg Mitter/Red Bull Content Pool)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事