徹底したキープコンセプトは何のため?
新型「Gクラス」の開発キーマンに話を聞いた

2018.06.13 デイリーコラム
独ダイムラーで「Gクラス」の商品企画責任者を務めるミヒャエル・ベルンハルト氏。新型の開発は2014年にスタートした。
独ダイムラーで「Gクラス」の商品企画責任者を務めるミヒャエル・ベルンハルト氏。新型の開発は2014年にスタートした。拡大

いよいよ日本でも発表された新型「メルセデス・ベンツGクラス」。“孤高のオフローダー”が、40年ぶりのフルモデルチェンジによって手にしたもの、そして失ったものとは!? 本国ドイツで開発を主導したミヒャエル・ベルンハルト氏に話を聞いた。

Aピラーからルーフサイドを通ってリアに抜ける黒いトリムやホイール付近のモールは、役に立つ部品ではないが、取り払ってしまうと「Gクラス」に見えなくなってしまうとベルンハルト氏は語る。
Aピラーからルーフサイドを通ってリアに抜ける黒いトリムやホイール付近のモールは、役に立つ部品ではないが、取り払ってしまうと「Gクラス」に見えなくなってしまうとベルンハルト氏は語る。拡大

新型開発でデザイナーは盛り上がったが……

新型の発売にあたり、記者が最も気になっていたのは、インポーターであるメルセデス・ベンツ日本のプレスリリースに「フルモデルチェンジ」というフレーズが一度も出てこないことだ。サスペンション形式やステアリング形式までもが変更されているというのに、「機能をアップデート」とか「Gクラスの歴史の中で最も大幅な改良」とか、フルモデルチェンジであることを巧妙に避けた言い回しが用いられている。

――フルモデルチェンジではないんですか?

実は、ドイツでもフルモデルチェンジという言葉は使っていないんだ。型式名が「463」のままだということを示したかったし、急に「Gクラスの新型が出ました!」と言ったときに、人々に受け入れられるか、正直怖かったというのもある。中身は新型なんだけどね。

――見た目を変えていないのもそのためですか?

角張った形を捨ててしまうと、他のSUVと同じになってしまうからね。新型を開発すると決まったときに、デザイナーは「古くさいクルマをようやく新しくできるぞ」と盛り上がっていたんだけど、ボクは言ったんだ。「でも、最後は前のと同じに見えるようにしてね」って。

同じように見せるっていうのは、結構難しいんだ。例えばAピラーから始まるルーフのトリムは、空力的にはまったく意味がないもの。でも、あれをなくしてしまうとGクラスに見えなくなってしまう。ボディーサイドのモールも同じで、ドアのところなどは傷の予防に役立つけど、ホイールのところはフェンダーよりも内側に付いているんだから、実用性はない。でも、あれがないとやっぱり“らしく”見えない。Gクラスというのは、そういうところがいっぱいあるクルマなんだ。リアのスペアタイヤカバーも同じだね。

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
ホームへ戻る