第95回:モテないカーマニア、ロータリー復活を待望するの巻

2018.06.19 カーマニア人間国宝への道

ロータリー復活はあるのか!?

先日開催された、「CX-3」のマイナーチェンジ試乗会でのこと。

私は『週刊SPA!』副編Kと、流し撮り職人・池之平昌信という、モテないカーマニア3人組で参加させていただいたのですが、その日は、試乗の前にランチというスケジュールでございました。

ランチの席に、マツダのエンジニア氏が2名同席。「いかがでしたか」と尋ねられましたが、なにせ試乗はこれからなので、いかがも何もなく、雑談となりました。

雑談の口火を切ったのは、副編Kでした。

副編K(以下 K):あの~、ロータリーは復活するんでしょうか?

エンジニア氏:いや、それについては何も言えません(苦笑)。

そこに職人が加勢した。

職人(以下 職):復活してほしいですねぇ~。

ロータリー復活を待望する気持ちはわかる。よーくわかるが、それはカーマニアのひとりよがりというもの。私は彼らをたしなめました。

清水(以下 清):それは絶対ダメだよ。そんなことをしたらマツダはつぶれる。

職:えっ、だって復活するんでしょ? 「RXヴィジョン」の市販車版に載せて。

清:あれは出ないでしょ。あのデザインをベースに、次期「アテンザ」ができるだけなんじゃないの?

職:いやあ、僕は出るって聞きましたよ。

マツダのエンジニア氏は黙して語らずのため、モテないカーマニア3名による、マツダ置き去りのロータリー談義となったのでございます。

「マツダCX-3」マイナーチェンジ試乗会にて。(写真=池之平昌信)
「マツダCX-3」マイナーチェンジ試乗会にて。(写真=池之平昌信)拡大
流し撮り職人の池之平昌信氏(左)と、『週間SPA!』の副編K氏(右)。
流し撮り職人の池之平昌信氏(左)と、『週間SPA!』の副編K氏(右)。拡大
マツダのコンセプトカー「RXヴィジョン」。
マツダのコンセプトカー「RXヴィジョン」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事