往年の人気色をまとう「フィアット500」限定発売

2018.06.19 自動車ニュース
「フィアット500アニベルサリオ」(写真のボディーカラーは「オレンジ」)
「フィアット500アニベルサリオ」(写真のボディーカラーは「オレンジ」)拡大

FCAジャパンは2018年6月16日、「フィアット500」の限定車「Anniversario(アニベルサリオ)」を、台数400台の限定で発売した。

「オレンジ」のボディーカラーのモデルは、インテリアにもオレンジ色があしらわれる。
「オレンジ」のボディーカラーのモデルは、インテリアにもオレンジ色があしらわれる。拡大
こちらは、ボディーカラーが「グリーンティーリーフ」のモデルのインテリア。
こちらは、ボディーカラーが「グリーンティーリーフ」のモデルのインテリア。拡大
「500アニベルサリオ」(ボディーカラーは「グリーンティーリーフ」)
「500アニベルサリオ」(ボディーカラーは「グリーンティーリーフ」)拡大

今回のアニベルサリオは、フィアット500の誕生60周年を記念した限定車。充実した装備を特徴とする「1.2ラウンジ」がベースで、1950年代の人気色を現代風にアレンジした2種類の専用ボディーカラー、「グリーンティーリーフ」(限定100台)と「オレンジ」(同300台)が採用されている。

エクステリアはさらに、クロームエンジンフードラインやFIATビンテージロゴ、16インチビンテージスタイルアルミホイールなどでドレスアップ。インテリアについては、レトロな雰囲気を表現した専用デザインのファブリックシートや専用インストゥルメントパネル、「Anniversario」ロゴ入りフロアマットなどが装着される。

価格は236万5200円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
ホームへ戻る