往年の人気色をまとう「フィアット500」限定発売

2018.06.19 自動車ニュース
「フィアット500アニベルサリオ」(写真のボディーカラーは「オレンジ」)
「フィアット500アニベルサリオ」(写真のボディーカラーは「オレンジ」)拡大

FCAジャパンは2018年6月16日、「フィアット500」の限定車「Anniversario(アニベルサリオ)」を、台数400台の限定で発売した。

「オレンジ」のボディーカラーのモデルは、インテリアにもオレンジ色があしらわれる。
「オレンジ」のボディーカラーのモデルは、インテリアにもオレンジ色があしらわれる。拡大
こちらは、ボディーカラーが「グリーンティーリーフ」のモデルのインテリア。
こちらは、ボディーカラーが「グリーンティーリーフ」のモデルのインテリア。拡大
「500アニベルサリオ」(ボディーカラーは「グリーンティーリーフ」)
「500アニベルサリオ」(ボディーカラーは「グリーンティーリーフ」)拡大

今回のアニベルサリオは、フィアット500の誕生60周年を記念した限定車。充実した装備を特徴とする「1.2ラウンジ」がベースで、1950年代の人気色を現代風にアレンジした2種類の専用ボディーカラー、「グリーンティーリーフ」(限定100台)と「オレンジ」(同300台)が採用されている。

エクステリアはさらに、クロームエンジンフードラインやFIATビンテージロゴ、16インチビンテージスタイルアルミホイールなどでドレスアップ。インテリアについては、レトロな雰囲気を表現した専用デザインのファブリックシートや専用インストゥルメントパネル、「Anniversario」ロゴ入りフロアマットなどが装着される。

価格は236万5200円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る