往年の人気色をまとう「フィアット500」限定発売

2018.06.19 自動車ニュース
「フィアット500アニベルサリオ」(写真のボディーカラーは「オレンジ」)
「フィアット500アニベルサリオ」(写真のボディーカラーは「オレンジ」)拡大

FCAジャパンは2018年6月16日、「フィアット500」の限定車「Anniversario(アニベルサリオ)」を、台数400台の限定で発売した。

「オレンジ」のボディーカラーのモデルは、インテリアにもオレンジ色があしらわれる。
「オレンジ」のボディーカラーのモデルは、インテリアにもオレンジ色があしらわれる。拡大
こちらは、ボディーカラーが「グリーンティーリーフ」のモデルのインテリア。
こちらは、ボディーカラーが「グリーンティーリーフ」のモデルのインテリア。拡大
「500アニベルサリオ」(ボディーカラーは「グリーンティーリーフ」)
「500アニベルサリオ」(ボディーカラーは「グリーンティーリーフ」)拡大

今回のアニベルサリオは、フィアット500の誕生60周年を記念した限定車。充実した装備を特徴とする「1.2ラウンジ」がベースで、1950年代の人気色を現代風にアレンジした2種類の専用ボディーカラー、「グリーンティーリーフ」(限定100台)と「オレンジ」(同300台)が採用されている。

エクステリアはさらに、クロームエンジンフードラインやFIATビンテージロゴ、16インチビンテージスタイルアルミホイールなどでドレスアップ。インテリアについては、レトロな雰囲気を表現した専用デザインのファブリックシートや専用インストゥルメントパネル、「Anniversario」ロゴ入りフロアマットなどが装着される。

価格は236万5200円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
ホームへ戻る