間もなく発売となる新型「スバル・フォレスター」
洗練化の陰で失われた“伝統の技術”とは!?

2018.06.20 デイリーコラム

「ストリーガ」に始まるその歴史

2018年3月のニューヨークショーで世界初公開されたスバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」の新型が、間もなく発売される。5代目となる新型はスバルの次世代プラットフォーム「SGP」を採用。SGPの“先輩”である「インプレッサ」と「XV」の評価が高いだけに、楽しみにしているファンも多いはずだ。その一方で、失われてしまうフォレスターの魅力もあることをご存じだろうか……。

フォレスターの歴史は、1995年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「ストリーガ」に始まる。当時、RVといえばクロカンが主流で、ライトな街乗りSUVである「トヨタRAV4」などが登場したばかり。高性能タイプといえば「三菱RVR」のターボモデルがあったが、こちらはクロスオーバーワゴンといえるポジションだった。スバルも既にクロスオーバーモデルとして「レガシィ グランドワゴン」を投入しており、次のステップとしてクロスオーバーSUVの開発を進めていた。それが件(くだん)のコンセプトカーというわけだ。

正式モデルとして1997年2月に発売されたのがフォレスターである。デビュー当時は「スポーツビークル」をうたい、ターボモデルのみの設定。後にエントリーグレードとなる自然吸気モデルも追加されたが、この戦略によって「フォレスター=高性能SUV」というイメージを定着させることに成功した。その後、ターボモデルはフォレスターの伝統となり、STIと共同開発したコンプリートカーなど、さまざまな仕様が設定された。まさに走りのクロスオーバーSUVの原点ともいえる存在だった。

2018年3月のニューヨークショーでデビューした新型「スバル・フォレスター」。スバルの次世代プラットフォームである「SGP」を採用している。
2018年3月のニューヨークショーでデビューした新型「スバル・フォレスター」。スバルの次世代プラットフォームである「SGP」を採用している。拡大
スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る