間もなく発売となる新型「スバル・フォレスター」
洗練化の陰で失われた“伝統の技術”とは!?

2018.06.20 デイリーコラム

「ストリーガ」に始まるその歴史

2018年3月のニューヨークショーで世界初公開されたスバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」の新型が、間もなく発売される。5代目となる新型はスバルの次世代プラットフォーム「SGP」を採用。SGPの“先輩”である「インプレッサ」と「XV」の評価が高いだけに、楽しみにしているファンも多いはずだ。その一方で、失われてしまうフォレスターの魅力もあることをご存じだろうか……。

フォレスターの歴史は、1995年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「ストリーガ」に始まる。当時、RVといえばクロカンが主流で、ライトな街乗りSUVである「トヨタRAV4」などが登場したばかり。高性能タイプといえば「三菱RVR」のターボモデルがあったが、こちらはクロスオーバーワゴンといえるポジションだった。スバルも既にクロスオーバーモデルとして「レガシィ グランドワゴン」を投入しており、次のステップとしてクロスオーバーSUVの開発を進めていた。それが件(くだん)のコンセプトカーというわけだ。

正式モデルとして1997年2月に発売されたのがフォレスターである。デビュー当時は「スポーツビークル」をうたい、ターボモデルのみの設定。後にエントリーグレードとなる自然吸気モデルも追加されたが、この戦略によって「フォレスター=高性能SUV」というイメージを定着させることに成功した。その後、ターボモデルはフォレスターの伝統となり、STIと共同開発したコンプリートカーなど、さまざまな仕様が設定された。まさに走りのクロスオーバーSUVの原点ともいえる存在だった。

2018年3月のニューヨークショーでデビューした新型「スバル・フォレスター」。スバルの次世代プラットフォームである「SGP」を採用している。
2018年3月のニューヨークショーでデビューした新型「スバル・フォレスター」。スバルの次世代プラットフォームである「SGP」を採用している。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビュー 2019.4.18 自動車ニュース スバルは2019年4月17日(現地時間)、ニューヨーク国際オートショー(会期:4月17日~28日)において、6代目「アウトバック」を世界初公開した。新型には、タフなイメージを強調した新グレードも設定される。
ホームへ戻る