「ルノー・トゥインゴ」にお菓子がテーマの限定車

2018.06.21 自動車ニュース
車体色に「ブラン クリスタル」が採用された「ルノー・トゥインゴPHマカロン」。
車体色に「ブラン クリスタル」が採用された「ルノー・トゥインゴPHマカロン」。拡大

ルノー・ジャポンは2018年6月21日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「PH(ペーアッシュ)マカロン」を設定し、同年6月28日に発売すると発表した。

車体色が「ブラン クリスタル」の場合、シートカバーには「アンフィニマン」シリーズのマカロンをモチーフにしたデザインが施される。
車体色が「ブラン クリスタル」の場合、シートカバーには「アンフィニマン」シリーズのマカロンをモチーフにしたデザインが施される。拡大
車体色に「ブルー ノクターンM」が用いられた「トゥインゴPHマカロン」。
車体色に「ブルー ノクターンM」が用いられた「トゥインゴPHマカロン」。拡大
車体色が「ブルー ノクターンM」の個体では、シートカバーには「モガドール」のマカロンをイメージしたデザインが採用される。
車体色が「ブルー ノクターンM」の個体では、シートカバーには「モガドール」のマカロンをイメージしたデザインが採用される。拡大
成約プレゼントのバッグやポーチ、コインケース。
成約プレゼントのバッグやポーチ、コインケース。拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」にお菓子がテーマの限定車の画像拡大

トゥインゴPHマカロンは、フランスのパティスリー界をけん引する第一人者、ピエール・エルメ氏のブランド「ピエール・エルメ・パリ」の誕生20周年を記念した特別仕様車である。

ベースとなるのは、過給機付きエンジンや6段デュアルクラッチ式ATを搭載した「インテンス」で、ピエール・エルメ・パリの数あるフレーバーの中でも人気の高い、「Infiniment(アンフィニマン)」シリーズ、および「Mogador(モガドール)」をモチーフとした専用CABANA製シートカバーや、専用のサイドストライプとサイドステッカー、16インチアロイホイールなどを装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 専用ロゴステッカー
  • 専用サイドストライプ
  • 16インチアロイホイール“EMBLEME”
  • 専用CABANA製シートカバー
  • プライバシーガラス(リアサイド、リア)
  • LDW(車線逸脱警報)

さらに、同車を成約したオーナーには、ルノーとピエール・エルメ・パリのコラボレーションによって作られた、「マカロンとドライブ」をテーマとしたマカロンバッグ、ポーチ、コインケースがプレゼントされる。

ボディーカラーは「ブルー ノクターンM」と「ブラン クリスタル」の2色。販売台数はそれぞれ50台の限定となっており、申し込みが販売台数を超えた場合は抽選を行うとしている。

価格は212万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.19 試乗記 レーシングドライバー谷口信輝が、100台限定販売の「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)カップ」に試乗。かつてカタログモデルを「メチャクチャいいですよ」と激賞した谷口は、6段MTとよりハードなサスを備えた辛口仕様をどうジャッジする!?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」に、辛口バージョン「カップ」が登場。日本ではわずか100人の幸せなファン(マニア!?)のみが楽しめるハードな乗り味を、発売に先駆けてテストした。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.5.9 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」に、6段マニュアルトランスミッションとよりハードなシャシーを備えた限定車「カップ」が用意された。“MT車保存会の会員”を自認する下野康史は、その出来栄えをどうジャッジする?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
ホームへ戻る