「ルノー・トゥインゴ」にお菓子がテーマの限定車

2018.06.21 自動車ニュース
車体色に「ブラン クリスタル」が採用された「ルノー・トゥインゴPHマカロン」。
車体色に「ブラン クリスタル」が採用された「ルノー・トゥインゴPHマカロン」。拡大

ルノー・ジャポンは2018年6月21日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「PH(ペーアッシュ)マカロン」を設定し、同年6月28日に発売すると発表した。

車体色が「ブラン クリスタル」の場合、シートカバーには「アンフィニマン」シリーズのマカロンをモチーフにしたデザインが施される。
車体色が「ブラン クリスタル」の場合、シートカバーには「アンフィニマン」シリーズのマカロンをモチーフにしたデザインが施される。拡大
車体色に「ブルー ノクターンM」が用いられた「トゥインゴPHマカロン」。
車体色に「ブルー ノクターンM」が用いられた「トゥインゴPHマカロン」。拡大
車体色が「ブルー ノクターンM」の個体では、シートカバーには「モガドール」のマカロンをイメージしたデザインが採用される。
車体色が「ブルー ノクターンM」の個体では、シートカバーには「モガドール」のマカロンをイメージしたデザインが採用される。拡大
成約プレゼントのバッグやポーチ、コインケース。
成約プレゼントのバッグやポーチ、コインケース。拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」にお菓子がテーマの限定車の画像拡大

トゥインゴPHマカロンは、フランスのパティスリー界をけん引する第一人者、ピエール・エルメ氏のブランド「ピエール・エルメ・パリ」の誕生20周年を記念した特別仕様車である。

ベースとなるのは、過給機付きエンジンや6段デュアルクラッチ式ATを搭載した「インテンス」で、ピエール・エルメ・パリの数あるフレーバーの中でも人気の高い、「Infiniment(アンフィニマン)」シリーズ、および「Mogador(モガドール)」をモチーフとした専用CABANA製シートカバーや、専用のサイドストライプとサイドステッカー、16インチアロイホイールなどを装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 専用ロゴステッカー
  • 専用サイドストライプ
  • 16インチアロイホイール“EMBLEME”
  • 専用CABANA製シートカバー
  • プライバシーガラス(リアサイド、リア)
  • LDW(車線逸脱警報)

さらに、同車を成約したオーナーには、ルノーとピエール・エルメ・パリのコラボレーションによって作られた、「マカロンとドライブ」をテーマとしたマカロンバッグ、ポーチ、コインケースがプレゼントされる。

ボディーカラーは「ブルー ノクターンM」と「ブラン クリスタル」の2色。販売台数はそれぞれ50台の限定となっており、申し込みが販売台数を超えた場合は抽選を行うとしている。

価格は212万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 視認性を高めてより安全に 「ルノー・トゥインゴ」の限定車「ブリヤント」発売 2020.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年5月14日、コンパクトカー「ルノー・トゥインゴ」に台数100台の限定車「トゥインゴ ブリヤントEDC/ブリヤントEDCキャンバストップ」を設定。同日、販売を開始した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 「ルノー・トゥインゴEDC」の装備が充実 駐車がより安全に 2020.5.12 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年5月12日、コンパクトカー「トゥインゴEDC」「トゥインゴEDCキャンバストップ」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。リアカメラとバックソナーを標準化することで安全性が高められている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る