「ルノー・トゥインゴ」にお菓子がテーマの限定車

2018.06.21 自動車ニュース
車体色に「ブラン クリスタル」が採用された「ルノー・トゥインゴPHマカロン」。
車体色に「ブラン クリスタル」が採用された「ルノー・トゥインゴPHマカロン」。拡大

ルノー・ジャポンは2018年6月21日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「PH(ペーアッシュ)マカロン」を設定し、同年6月28日に発売すると発表した。

車体色が「ブラン クリスタル」の場合、シートカバーには「アンフィニマン」シリーズのマカロンをモチーフにしたデザインが施される。
車体色が「ブラン クリスタル」の場合、シートカバーには「アンフィニマン」シリーズのマカロンをモチーフにしたデザインが施される。拡大
車体色に「ブルー ノクターンM」が用いられた「トゥインゴPHマカロン」。
車体色に「ブルー ノクターンM」が用いられた「トゥインゴPHマカロン」。拡大
車体色が「ブルー ノクターンM」の個体では、シートカバーには「モガドール」のマカロンをイメージしたデザインが採用される。
車体色が「ブルー ノクターンM」の個体では、シートカバーには「モガドール」のマカロンをイメージしたデザインが採用される。拡大
成約プレゼントのバッグやポーチ、コインケース。
成約プレゼントのバッグやポーチ、コインケース。拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」にお菓子がテーマの限定車の画像拡大

トゥインゴPHマカロンは、フランスのパティスリー界をけん引する第一人者、ピエール・エルメ氏のブランド「ピエール・エルメ・パリ」の誕生20周年を記念した特別仕様車である。

ベースとなるのは、過給機付きエンジンや6段デュアルクラッチ式ATを搭載した「インテンス」で、ピエール・エルメ・パリの数あるフレーバーの中でも人気の高い、「Infiniment(アンフィニマン)」シリーズ、および「Mogador(モガドール)」をモチーフとした専用CABANA製シートカバーや、専用のサイドストライプとサイドステッカー、16インチアロイホイールなどを装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 専用ロゴステッカー
  • 専用サイドストライプ
  • 16インチアロイホイール“EMBLEME”
  • 専用CABANA製シートカバー
  • プライバシーガラス(リアサイド、リア)
  • LDW(車線逸脱警報)

さらに、同車を成約したオーナーには、ルノーとピエール・エルメ・パリのコラボレーションによって作られた、「マカロンとドライブ」をテーマとしたマカロンバッグ、ポーチ、コインケースがプレゼントされる。

ボディーカラーは「ブルー ノクターンM」と「ブラン クリスタル」の2色。販売台数はそれぞれ50台の限定となっており、申し込みが販売台数を超えた場合は抽選を行うとしている。

価格は212万円。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化 2019.8.22 自動車ニュース ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」がマイナーチェンジ。前後バンパーやヘッドランプ、テールランプなどのデザインを変更したほか、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応するインフォテインメントシステム「EASY LINK」を新採用した。
  • 「ポルシェ911」と「718ケイマン/ボクスター」に限定モデル 懐かしの青いボディーカラーが特徴 2019.8.8 自動車ニュース ポルシェジャパンが「718ケイマンGTS」「718ボクスターGTS」「911カレラGTS」「911カレラGTSカブリオレ」の特別仕様車「ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー」を発売すると発表。外装色を「マリタイムブルー」としたもので、各1台の限定販売となる。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 第614回:欧州でも吹き荒れる「ジムニー」旋風
    スズキは“不吉数字”も恐れない!
    2019.7.26 マッキナ あらモーダ! トリノで開催されたモーターショーで、スズキのイタリア法人がスペシャルな「ジムニー」をお披露目した。来場者からの熱い視線を受けていたこの“フォーリセーリエ”には、当地で忌み嫌われる「13」と「17」の2つの数字が付されていた。この秘密に大矢アキオが迫る。
ホームへ戻る