ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売

2018.06.25 自動車ニュース
「ダイハツ・ミラ トコット」とダイハツ工業の奥平総一郎社長(中央)、および同車の開発に携わった社内プロジェクトチームのメンバー。
「ダイハツ・ミラ トコット」とダイハツ工業の奥平総一郎社長(中央)、および同車の開発に携わった社内プロジェクトチームのメンバー。拡大

ダイハツ工業は2018年6月25日、新型軽乗用車「ミラ トコット」を発表。同日、販売を開始した。

「ダイハツ・ミラ トコットG“SA III”」
「ダイハツ・ミラ トコットG“SA III”」拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売の画像拡大

コンセプトはエフォートレス

ミラ トコットは、若い女性エントリーユーザーをターゲットにしたベーシックな軽乗用車。トコットというのは造語で、「To Character(自分らしさの表現)」「To Comfortableness(安全・安心、運転しやすさ)」「To Convenience(使いやすさ)」の頭文字(To C)から着想を得たという。

コンセプトは「肩ひじ張らず自然体でいられる」ことを表現するファッション用語の「エフォートレス」。目指したのは無理なく不安なく毎日使えるパートナーのようなクルマで、「ミラ イース」が持つ「低燃費、低価格、安全・安心」という軽自動車の本質を受け継ぎ、若い女性社員が企画・開発に参画して近年の若い女性が持つ感性に合うクルマづくりを追求した。

かわいさやカッコよさを“盛る”という従来の方向性から転換し、「素の魅力」を見せようとしたのが新しい発想。モテファッションや女子らしさとは逆を行く考え方で、時代の変化に対応しようとした。初めてクルマに乗るエントリーユーザー向けのモデルで、若年層でも買える低価格とすることも重要な課題となった。

角を丸めたスクエアボディーは優しい印象

外観は、スクエアでありながら角を丸めたフォルム。ベルトラインは変化をつけずに水平基調を守り、装飾性を抑えた素直で飾り気のないスタイルとした。デザイン性に加え、運転のしやすさにもこだわった結果だという。前後のランプは丸をモチーフとし、優しい印象を演出している。

カラーバリエーションは、新色の「ジューシーピンクメタリック」「セラミックグリーンメタリック」「サニーデイブルーメタリック」を含む全8色。加えて、新開発のキャンバス地調デザインフィルムトップ(Dラッピング)を組み合わせることもできる。ペイントではなくPCVフィルムでラッピングするダイハツ独自の技術で、ルーフ、バックドアアッパー、フロントバンパーに使用。シボとプリントの組み合わせで布のような質感を実現した。

インテリアも外観同様に水平基調で、シンプルさを重視。インストゥルメントパネルのガーニッシュは陶器のような質感で、温かみを表現した。シートは背もたれがベージュ、座面が茶色というツートーン。明るい印象をもたらしながら、汚れが目立ちにくいことも重視した。

自分仕様を求めるユーザーのために、「アナザースタイルパッケージ」を用意。「スイートスタイル」「エレガントスタイル」「クールスタイル」の3種類があり、それぞれ内外装にトータルコーディネートされたパーツをパッケージで提供する。一部を工場装着にすることで、価格を抑えたという。

使いやすさ重視で水平基調に

エントリーユーザー向けということで、使いやすいことが大切な要素となる。フロントピラーの角度を立てることで死角を減らし、水平基調のインパネとスクエアボディーで車両感覚をつかみやすくした。室内高はミラ イースより30mmプラスの1270mmを確保し、ヘッドクリアランスにゆとりをもたせている。

先進安全装備の「スマートアシストIII」が設定されており、衝突回避支援ブレーキは対車両と対歩行者で機能する。誤発進抑制制御機能は、前後ともに有効だ。狭い道を走る時に運転をサポートする装備として、パノラマモニターとコーナーセンサーの2つが組み合わされるのは軽自動車初とのことだ。

運転席と助手席にバニティーミラーを装備し、UVカットガラスを採用するなど、女性の提案も各所に取り入れている。バックドアオープナーが電気スイッチ式になっているのは、開け閉めの際に爪を傷めないための配慮だ。細部にわたって女性目線が行き届いている。

エンジンはすべてノンターボで、トランスミッションはCVT。FFと4WDがあり、それぞれ燃費は29.8km/リッターと27.0km/リッター(JC08モード)。

ラインナップと価格は、以下の通り。

  • L:107万4600円(FF)/120万4200円(4WD)
  • L“SA III”:113万9400円(FF)/126万9000円(4WD)
  • X“SA III”:122万0400円(FF)/135万円(4WD)
  • G“SA III”:129万6000円(FF)/142万5600円(4WD)

(文=鈴木真人)
 

関連キーワード:
ミラ トコットダイハツ 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツが「ムーヴ キャンバス」の安全装備を強化 2018.8.20 自動車ニュース ダイハツが軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に一部改良を実施。衝突回避支援システムの「スマートアシストIII」を全車に採用したほか、ブラックインテリアパックやD assist切り替えステアリングスイッチを標準装備した新グレードを設定した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
ホームへ戻る