初代“ワンテン”の(元)オーナーが語る
「アルピーヌA110」の奥深き世界

2018.06.27 デイリーコラム

FRPが可能にした生産拠点のマルチ化

20代の後半から四半世紀ほど、メキシコ製の「アルピーヌA110」と生活を共にした。「メキシコ製?」と、不審に思われる方がいるかもしれない。新生アルピーヌを、あくまで“フレンチ”スポーツとして推したいルノーにとってあまり触れられたくない話題かもしれないが、かつてのアルピーヌは、ブラジル、スペイン、メキシコ、そしてブルガリアでも作られていた。生産拠点を広げられた理由のひとつに、FRPボディーが挙げられる。

十字に織られた繊維を幾重にも重ねてプラスチックに浸したこの素材は、A110が登場した1960年代には先進テクノロジーで、自らラリーに興じたこともあるアルピーヌの創設者、ジャン・レデレにとって、軽く、強靱(きょうじん)なFRPボディーは、大いに魅力的だった。

もうひとつ。乱暴な言い方をすると、小型のレジャーボートを作る簡単な設備があればボディーを生産できる。その点も、実業家としてのレデレの琴線に触れたに違いない。場合によっては、フランスからエンジンやトランスミッションを載せたプラットフォームを送ってやれば、現地でボディーをかぶせるだけで、アルピーヌ車ができあがる。少量生産スポーツカーにとって、理想的な工程だ。

筆者が20代後半から四半世紀ほど所有していた「アルピーヌA110」。フランス・ディエップではなく、メキシコの生産拠点でつくられた個体だった。
筆者が20代後半から四半世紀ほど所有していた「アルピーヌA110」。フランス・ディエップではなく、メキシコの生産拠点でつくられた個体だった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る