「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に内装の質感を高めた特別仕様車

2018.07.04 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンe-ゴルフ プレミアム」
「フォルクスワーゲンe-ゴルフ プレミアム」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年7月4日、電気自動車「e-ゴルフ」に特別仕様車「プレミアム」を設定し、販売を開始した。

 
「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に内装の質感を高めた特別仕様車の画像拡大
 
「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に内装の質感を高めた特別仕様車の画像拡大

今回のe-ゴルフ プレミアムは、標準のe-ゴルフにレザーシートやアンビエントライトなどを装着して、内装の質感向上を図ったもの。ボディーカラーは標準車が「ピュアホワイト」のみの設定であったのに対し、プレミアムでは「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」「アトランティックブルーメタリック」「ディープブラックパールエフェクト」の3色展開となる。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • テクノロジーパッケージ(ダイナミックコーナリングライト、ダイナミックライトアシスト、デジタルメータークラスター、ダークテールランプ、LED テールランプ<ダイナミックターンインジケーター付き>)
  • インテリアアンビエントライト
  • レザーシート
  • 3色ボディーカラー展開(オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト、アトランティックブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクト)
  • フォルクスワーゲン ニューサービスプラス(3年間)
  • フォルクスワーゲン 延長サービスプラス(2年間)
  • 延長保証プログラム Wolfi サポート(2年間)
  • モバイルオンラインサービスVolkswagen Car-Net“Guide & Inform”および“e-Remote”の無償期間2年延長(通常は3年)

価格は534万9000円。なお、e-ゴルフ プレミアムの発売にあわせて、e-ゴルフの販売方法が、従来のwebによる受け付けから、店頭販売へと切り替えられた。

(webCG)

関連キーワード:
e-ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る