HDDナビを標準装備、「ボルボV40」にお得な特別仕様車

2018.07.19 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年7月19日、「V40」に特別仕様車「D4ナビエディション」を設定し、200台限定で同日販売を開始した。

V40 D4ナビエディションは、ディーゼルエンジンを搭載した「V40 D4キネティック」をベースに、HDDナビゲーションシステムやボルボ純正ドライブレコーダーを標準で採用するなど、装備を充実させた特別仕様車である。合計で36万円相当のアクセサリー、オプションを特別装備しながら、価格はベースモデルから10万円のアップで抑えているという。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • HDDナビゲーションシステム、VICS3
  • PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)- キーレスドライブ
  • ボルボ・ガードシステム(インテリア・ムーブメント・センサー付き)/グローブボックス・ロックシリンダー
  • ボルボ純正ドライブレコーダー

ボディーカラーは「ブラック」「パッションレッド」「アイスホワイト」「アマゾンブルー」の4色。価格は379万円。

また、ボルボでは今回の特別仕様車発売と同時に、V40のカタログモデルについても価格を改定。ディーゼルモデルに、以下の新価格を適用した。

  • V40 D4キネティック:369万円
  • V40 D4モメンタム:414万円
  • V40 D4インスクリプション:444万円
  • V40クロスカントリーD4キネティック:384万円
  • V40クロスカントリーD4モメンタム:429万円
  • V40クロスカントリーD4サマム:459万円

(webCG)
 

「ボルボV40 D4ナビエディション」
「ボルボV40 D4ナビエディション」拡大

関連キーワード:
V40, V40クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース