欧州ではすっかり浸透しているものの……
日本にもクラシックカー文化は根付くのか?

2018.08.01 デイリーコラム

一般の人々にとっても身近な存在

つい先ごろ、この7月中旬にイギリスで開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」を4日間にわたって観覧する機会に恵まれた。ウエストサセックス州グッドウッドで展開されるこのイベントは、世界最大の自動車のお祭り。新旧あるいは二輪/四輪を問わず、人類の文化遺産ともいうべきクルマたちと20万人にも及ぶ観衆が世界中から集まる、巨大イベントである。

また少々旧聞に属するが、今年2月上旬にはフランスおよびモナコを舞台とする「ラリー・モンテカルロ・ヒストリーク」およびパリの「レトロモビル」にも訪ねる機会を得たが、いずれも「万」レベルのギャラリーが押し寄せるイベントとして認知されている。

欧米におけるクラシックカー文化は、もはや完全に定着していると言っていいだろう。筆者がアメリカ事情には疎いため、ここで挙げさせていただくのはヨーロッパの例に限定されるのだが、近年では自動車メーカー、特にプレミアムブランドがクラシックカー部門を構えるのは当然のこととなりつつある。

また、例えばラリー形式の「ミッレ・ミリア」(イタリア)や、サーキットレースの「ル・マン・クラシック」(フランス)、「モナコGPヒストリーク」(モナコ)。あるいは自動車の美を競い合う「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」(イタリア)など、伝統的イベントの復刻版が絶大な人気を得ているほか、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」や「グッドウッド・リバイバル」など、新しい開催の形を開拓したイベントも大成功を収めている。

加えて、前述の「レトロモビル」やドイツの「テクノクラシカ・エッセン」など、屋内/屋外の会場で車両展示やパーツ/グッズ販売などを行うトレードショー形式のクラシックカーイベントも数多く開かれるなど、筆者が知る限りにおいても、ヨーロッパではクルマ好きの、あるいは一般の人々の日常生活とクラシックカー文化が、極めて近いところにあるように思われるのだ。

2018年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて、コースを疾走する「メルセデス・ベンツ300SLR」。
2018年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて、コースを疾走する「メルセデス・ベンツ300SLR」。拡大
「ラリー・モンテカルロ・ヒストリーク」では、往年のラリーカーが冬季のアルプスを駆ける。
「ラリー・モンテカルロ・ヒストリーク」では、往年のラリーカーが冬季のアルプスを駆ける。拡大
実際にクルマの売買が行われる、トレードショー形式のクラシックカーイベント「レトロモビル」。
実際にクルマの売買が行われる、トレードショー形式のクラシックカーイベント「レトロモビル」。拡大
かつてのF1グランプリのありさまを彷彿させる「モナコGPヒストリーク」。
かつてのF1グランプリのありさまを彷彿させる「モナコGPヒストリーク」。拡大
コンクール・デレガンスの代表格であり、1929年から開催されている「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」。
コンクール・デレガンスの代表格であり、1929年から開催されている「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事