特別なカラーをまとう「ホンダ・スーパーカブ」限定発売

2018.08.01 自動車ニュース
「ホンダ・スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」
「ホンダ・スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」拡大

本田技研工業は2018年8月1日、「スーパーカブ」の特別仕様車「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を発表した。同年10月31日までの期間限定で注文を受け付け、11月22日に発売する。

「マグナレッド」のボディーカラーが採用された限定車「60周年アニバーサリー」。レッグシールドやサイドカバーは「バージンベージュ」となる。
「マグナレッド」のボディーカラーが採用された限定車「60周年アニバーサリー」。レッグシールドやサイドカバーは「バージンベージュ」となる。拡大
「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」
「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」拡大
「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」のポスター(1963年当時のもの)。
「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」のポスター(1963年当時のもの)。拡大

今回の60周年アニバーサリーは、1963年に米国で展開された広告「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」のイメージイラストをモチーフとしたカラーリングが特徴。「マグナレッド」を主体とするボディーカラーを採用した上で、2トーン仕様のシートやブラック塗装のリアキャリアが装着されている。

特別装備として、スーパーカブ誕生60周年の記念エンブレム(サイドカバーおよびキー)も添えられる。

価格は以下の通り。

  • スーパーカブ50・60周年アニバーサリー(49cc):24万3000円
  • スーパーカブ110・60周年アニバーサリー(109cc):28万6200円

(webCG)

関連キーワード:
スーパーカブ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • かわいらしくて親しみやすい 「プコブルー」の「ホンダ・クロスカブ110」登場 2021.5.14 自動車ニュース 本田技研工業は2021年5月14日、「プコブルー」の車体色を採用した「クロスカブ110」を発表した。価格は他の色のクロスカブ110と同じ34万1000円で、同年7月22日に2000台の台数限定で発売される。
  • ホンダGB350(5MT)【レビュー】 2021.5.19 試乗記 空冷単気筒エンジンのシンプルなネイキッドモデル「ホンダGB350」。優等生的な出来栄えとリーズナブルな価格を実現したニューモデルに、リポーターが感じたモヤモヤとは? 趣味の乗り物だからこそバイクに求められる+αの魅力について考えた。
  • ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)【レビュー】 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。
  • ホンダ・スーパーカブ50(MR/4MT)/スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2017.11.18 試乗記 累計生産台数はついに1億台を突破! 世界に冠たる日本の名車「スーパーカブ」が、このほどフルモデルチェンジを受けた。なつかしのスタイリングを取り戻し、生産拠点も日本に戻された新型の試乗を通し、60年におよぶその歴史の片りんに触れた。
ホームへ戻る