世界で一番売れてるスバル車なのに!?
どこかパッとしない新型「フォレスター」

2018.08.29 デイリーコラム

実用重視がアダとなった

2018年7月19日に、新型「スバル・フォレスター」が発売された。今のスバルでは、フォレスターを世界の最量販車種に位置付ける。フォレスターはSUVだから人気のカテゴリーに属しており、スバルの水平対向エンジンや4WDとの相性もいい。時代の流れに沿ったスバル車として、フォレスターに向けた期待は大きい。

しかし、新型フォレスターに対する、『webCG』読者の反響(閲覧者の数など)はいまひとつだという。その理由を考えてみたい。

まずはフォレスターの外観が挙げられる。先代型に比べて変化が乏しく、話題にはなりにくい。

外観が代わり映えせずに地味な理由は、安全性の観点から視界にこだわり、先代と同じくサイドウィンドウの下端を低めに抑えた水平基調のデザインにしているからだ。安全運転の第一歩は、車両の周囲に潜む危険の早期発見だから、視界は特に重要な機能になる。

それなのに最近は、日本車、輸入車を問わず、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げる車種が増えた。外観を躍動的に演出するねらいだが、側方と斜め後方、真後ろの視界が犠牲になる。つまり危険なデザインだ。

同じスバルの「インプレッサ」は、先代型に比べて視界を悪化させたが、それでもほかの車種に比べると周囲が見やすい。フォレスターは視界が先代型とさほど変わらず、変化には乏しいが、安全を優先させた結果だから仕方がない。

グレード構成はいま一歩だ。ノーマルエンジンを水平対向4気筒の2リッターから2.5リッターの直噴式に変更して、2リッター直噴のマイルドハイブリッドも加えたが、2リッターの直噴ターボは省かれた。スバル車のユーザーはスポーティーな走りを好むから、ターボの廃止は物足りないだろう。「レヴォーグ」のように1.6リッター&2リッターターボの方が話題性は高い。

見方を変えると、2.5リッター自然吸気エンジンの採用は、話題性よりも運転感覚や実用燃費を重視した結果だ。これもスバルらしさに含まれる。

以上のように新型フォレスターは、スバルの定番的なクルマづくりをしている。さまざまな機能や内外装のデザインは、先代型を踏襲しながら、少しずつ上質になった。そのために先代型のユーザーが新型に乗り換えた時、良くなったと感じこそすれ、違和感を覚えることはまずないだろう。

「スバル・フォレスター」の主戦場はアメリカ市場。2017年の販売台数は、国内が約2万台であるのに対し、アメリカでは17万台以上となっている。
「スバル・フォレスター」の主戦場はアメリカ市場。2017年の販売台数は、国内が約2万台であるのに対し、アメリカでは17万台以上となっている。拡大
スバル フォレスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • 「プジョー3008」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2020.9.1 自動車ニュース グループPSAは2020年9月1日、プジョーブランドのSUV「3008」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。新形状のヘッドランプやフレームレスデザインのグリルを採用するなど、フロントデザインを一新している。
ホームへ戻る