新型「ホンダCR-V」が国内でデビュー

2018.08.30 自動車ニュース
「ホンダCR-V」(写真のグレードは「ハイブリッドEX・マスターピース」)
「ホンダCR-V」(写真のグレードは「ハイブリッドEX・マスターピース」)拡大

本田技研工業は2018年8月30日、SUV「CR-V」の新型を国内で発表した。このうちガソリンターボエンジン搭載車は同年8月31日に、ハイブリッド車は同年11月1日に販売を開始する。

後方へと伸びるサイドウィンドウで「軽快な走り」を表現。「CR-V」伝統の縦型リアランプは継承された。
後方へと伸びるサイドウィンドウで「軽快な走り」を表現。「CR-V」伝統の縦型リアランプは継承された。拡大
フロントまわりは、「SUVらしい精悍(せいかん)さ」が表現されている。
フロントまわりは、「SUVらしい精悍(せいかん)さ」が表現されている。拡大
インテリアは、木目調のパネルをあしらうなどして質感の高さや仕立てのよさが追求された。
インテリアは、木目調のパネルをあしらうなどして質感の高さや仕立てのよさが追求された。拡大
ガソリンターボエンジン搭載車には、3列シート仕様(写真)が設定される。
ガソリンターボエンジン搭載車には、3列シート仕様(写真)が設定される。拡大
フロアボードは2段式。用途に合わせて変更できる。
フロアボードは2段式。用途に合わせて変更できる。拡大

より広く、使いやすく

2016年8月をもって国内での販売が終了していたCR-Vが復活した。1995年に誕生した初代CR-Vは、FF車のプラットフォームを流用した小型SUVとしては元祖といっていい「トヨタRAV4」に対して、快適性や利便性の上でミニバンテイストを加えたところにオリジナリティーがあった。5代目となる新型の目玉は、3列シート仕様(ガソリンターボエンジン搭載車のみ)を用意するとともに、ハイブリッド車にも4WDを設定していることだ。

ホンダによれば、エクステリアデザインのテーマは「MODERN FUNCTIONAL DYNAMIC」。その特徴は、『スター・ウォーズ』のトルーパー軍団の隊長キャプテン・ファズマを思わせるクローム輝く顔に尽きる。もっとも、欧米や中国では先行デビューしており、『webCG』でも国内仕様の写真を公開しているから、すでにおなじみだろうけれど。

ボディーサイズは全長4605×全幅1855×全高1680mm(FF車の場合。4WD車の全高は1690mm)と、先代より70mm長く、35mm幅広く、5mm低く(4WD車は5mm高く)なった。2660mmのホイールベースは、先代比で40mm延ばされている。さらに、ホイールのサイズは17インチから18インチに拡大され、ロードクリアランスはFF車で200mm(+30mm)、4WD車では210mm(+40mm)が確保されている(カッコ内は先代比。いずれもガソリンターボエンジン搭載車)。

全長4605mmというのは、4625mmの「スバル・フォレスター」や4640mmの「日産エクストレイル」より短く、4545mmの「マツダCX-5」よりは長い。2660mmのホイールベースはそう長いわけではない(例えばCX-5のそれは2700mmある)が、ペダルからテールゲートまでの距離は3040mm以上あり、全長4700mm以下のどのライバル車よりも長く、つまり空間効率に優れているとホンダは主張する。

なお、荷室の容量は2列シート仕様のガソリンターボ車が561~1123リッターで、ハイブリッド車が499~1061リッター。3列シート仕様では150~936リッターとなっている。

走行性能については、「どんな場所で誰が乗っても、快適で安心して楽しめるクルマ」を目標に開発された。
走行性能については、「どんな場所で誰が乗っても、快適で安心して楽しめるクルマ」を目標に開発された。拡大
1.5リッター直4ターボエンジン(写真)は、高回転域まで伸びやかな「シビック」を超えるパワーフィールが持ち味とされている。
1.5リッター直4ターボエンジン(写真)は、高回転域まで伸びやかな「シビック」を超えるパワーフィールが持ち味とされている。拡大
3列目への乗り込みは、写真のように2列目シートを前方に倒して行う。
3列目への乗り込みは、写真のように2列目シートを前方に倒して行う。拡大
ボディーカラーは写真の「プラチナホワイト・パール」を含む全6色がラインナップされる。
ボディーカラーは写真の「プラチナホワイト・パール」を含む全6色がラインナップされる。拡大
 
新型「ホンダCR-V」が国内でデビューの画像拡大

走りのよさにもこだわった

技術面でのハイライトは、現行型の「シビック」同様、新世代のプラットフォームを採用していること。サスペンション形式は、フロントは従来通りマクファーソンストラット式で、リアはダブルウイッシュボーン式からマルチリンク式に変更。乗り心地の向上のために、前後のコンプライアンスブッシュには液封タイプが採用されている。ステアリングのギアレシオを可変式とした点にも注目だ。

電子制御式の4WDは、リアディファレンシャルのトルク容量を先代の350Nmから550Nmへと大幅にアップ。発進および登坂性能を向上させただけでなく、ハイブリッドの4WD車では、コーナー進入時(アクセルオフ時)はFFの状態にしてアンダーステアを抑える一方、コーナー出口でアクセルを大きく開けた場合には後輪の駆動力で旋回しているような感覚が味わえるという。

パワートレインは、1.5リッター直4ガソリンターボ+CVTと、自然吸気の2リッター直4に電気モーターを組み合わせたハイブリッド+CVTの2本立て。いずれも現在のホンダの主力ユニットだが、ガソリンモデルには専用開発のターボチャージャーを採用。最高出力190ps/5600rpm、最大トルク240Nm/2000-5000rpmを発生する。この数値は例えば、「ステップワゴン」の同じL15B型ユニットの150psと203Nmに比べてはるかに強力。173psと220Nmの「シビックセダン」のL15Bよりもさらに分厚いトルクを生み出せるのだ。JC08モードの燃費値は、最高15.8km/リッターとなっている。

CR-V初となるハイブリッド車は「クラストップの燃費(同25.8km/リッター)と3リッターエンジン並みのトルクを誇る」のはメーカーの言い分として、ヨーロッパで鍛えたセッティングにより、エンジン回転数と車速の関係を見直し、「車速に対してリニアで感性に忠実なエンジン音」が得られるよう調整されている、というから期待したい。アウトプットは、エンジンが最高出力145psで最大トルク175Nm、モーターが同184ps、同315Nmである。

安全装備に関しては、ここ最近のホンダの戦略にのっとり、先進の「ホンダセンシング」を全グレードに標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラを使ってブレーキとステアリングを協調制御し、事故回避を支援する。

グレードは標準モデル「EX」と豪華仕様「EX・マスターピース」の2種類があり、ガソリンターボ車とハイブリッド車、FF車と4WD車のそれぞれに設定される。ラインナップと価格は、以下の通りである。海外市場で先行発売しつつ熟成に励み、ホンダが満を持して国内に再投入するCR-V。その出来栄えやいかに。

【ガソリンターボ車】

  • EX(5人乗り/FF車):323万0280円
  • EX(5人乗り/4WD車):344万6280円
  • EX(7人乗り/FF車):342万1440円
  • EX(7人乗り/4WD車):363万7440円
  • EX・マスターピース(5人乗り/FF車):359万1000円
  • EX・マスターピース(5人乗り/4WD車):380万7000円
  • EX・マスターピース(7人乗り/FF車):381万4560円
  • EX・マスターピース(7人乗り/4WD車):403万0560円

【ハイブリッド車】

  • ハイブリッドEX(5人乗り/FF車):378万4320円
  • ハイブリッドEX(5人乗り/4WD車):400万0320円
  • ハイブリッドEX・マスターピース(5人乗り/FF車):414万5040円
  • ハイブリッドEX・マスターピース(5人乗り/4WD車):436万1040円

(文=今尾直樹)

関連キーワード:
CR-V, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ CR-V の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース/EX・マスターピース【試乗記】 2018.11.10 試乗記 年間販売台数は実に70万台と、いまやすっかりホンダの世界戦略を担うモデルとなった「CR-V」。5代目となる新型の出来栄えを確かめるべく、ハイブリッド車とガソリン車に試乗。ホンダの言う“究極に普通なクルマ”の実力を試した。
ホームへ戻る