「メガーヌR.S.」復権なるか!?
ニュルの最速バトルに注目せよ

2018.09.07 デイリーコラム

戦う舞台は“緑の地獄”

2018年8月、第3世代となる新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)」が国内で発売された。いまの段階ではまだ正式発表されていないが、このメガーヌR.S.にはあるミッションが与えられている。それはニュルブルクリンク北コースで“FF車最速タイム”をたたき出すことだ。

「ニュルブルクリンク」は、ドイツ北西部の田舎町ニュルブルクにあるリンク(=サーキット)の名称だ。そもそもは1927年に、第1次大戦に敗れたドイツが国策としてモータースポーツや自動車開発の促進、周辺地域の活性化のために建設したサーキットだった。1980年代にはマツダや日産など日本車メーカーも実験場として活用を開始。当時はクルマ好きのみぞ知る場だったが、近年ではトヨタが「クラウン」のCMに使うまでに知名度が上がった。

コースは一周約5.1kmの「グランプリコース(南コース)」と、一周約20.8km、コーナー数170以上、高低差は約300mという「ノルドシュライフェ(北コース)」の2つによって構成されている。ちなみにニュルブルクリンク24時間レースは、この2つを組み合わせた約25kmの特設コースで競われる。

南コースは道幅広く、フラットで路面状況もいい、いわゆる普通のサーキット。それに対し北コースは、道幅狭く、エスケープゾーンはほとんどなく、サーキット用ではない一般的なアスファルト路面で、一部コンクリート路面まで存在し、ほとんどがブラインドコーナーだ。天候も変わりやすく、コースの一部で霧や雨、時にひょうが降ることもある。その過酷さからついたあだ名は“グリーンヘル(緑の地獄)”だ。

日本で新型「ルノー・メガーヌR.S.」が発売されたのは2018年8月30日。本国では、それより1カ月ほど前の7月19日に、さらなる高性能モデル「メガーヌR.S.トロフィー」(写真)が発表された。ルノーは同車か、より高性能なモデルでニュルブルクリンクの新記録樹立に挑戦するのではないかとうわさされている。
日本で新型「ルノー・メガーヌR.S.」が発売されたのは2018年8月30日。本国では、それより1カ月ほど前の7月19日に、さらなる高性能モデル「メガーヌR.S.トロフィー」(写真)が発表された。ルノーは同車か、より高性能なモデルでニュルブルクリンクの新記録樹立に挑戦するのではないかとうわさされている。拡大
「メガーヌR.S.トロフィー」のコックピット周辺部。ところどころが赤の差し色でドレスアップされている。
「メガーヌR.S.トロフィー」のコックピット周辺部。ところどころが赤の差し色でドレスアップされている。拡大
ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(前編) 2021.9.5 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がマイナーチェンジしたルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」に試乗。かつてその2020年モデルを愛車として選んだ漫画界のレジェンドは、最新モデルをどう評価したのか。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • スズキが「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部仕様を変更 オートライトを全車に採用 2021.9.16 自動車ニュース スズキが「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部仕様変更を実施。オートライトを全車に採用したほか、4段AT車に停車時アイドリングストップシステムを搭載した。またジムニーには、スペアタイヤロアカバーを追加している。
ホームへ戻る