「フィアット500」のインフォテインメントシステムが最新版に

2018.09.07 自動車ニュース
 
「フィアット500」のインフォテインメントシステムが最新版にの画像拡大

FCAジャパンは2018年9月5日、「フィアット500」シリーズを一部改良し、同年9月15日に発売すると発表した。

 
「フィアット500」のインフォテインメントシステムが最新版にの画像拡大

今回の改良では、シリーズ全車に搭載されるインフォテインメントシステム「UConnect(ユーコネクト)」が「Apple CarPlay」および「Android Auto」に対応。スマートフォン内のアプリケーションやコンテンツを車載のディスプレイを通じて操作できるようになった。スクリーンサイズも従来の5インチから7インチへと拡大している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 500 1.2ポップ:199万8000円
  • 500ツインエア ポップ:235万円
  • 500ツインエア ラウンジ:267万円
  • 500C 1.2ポップ:260万円
  • 500Cツインエア ラウンジ:287万円

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る