「フィアット500」のインフォテインメントシステムが最新版に

2018.09.07 自動車ニュース
 
「フィアット500」のインフォテインメントシステムが最新版にの画像拡大

FCAジャパンは2018年9月5日、「フィアット500」シリーズを一部改良し、同年9月15日に発売すると発表した。

 
「フィアット500」のインフォテインメントシステムが最新版にの画像拡大

今回の改良では、シリーズ全車に搭載されるインフォテインメントシステム「UConnect(ユーコネクト)」が「Apple CarPlay」および「Android Auto」に対応。スマートフォン内のアプリケーションやコンテンツを車載のディスプレイを通じて操作できるようになった。スクリーンサイズも従来の5インチから7インチへと拡大している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 500 1.2ポップ:199万8000円
  • 500ツインエア ポップ:235万円
  • 500ツインエア ラウンジ:267万円
  • 500C 1.2ポップ:260万円
  • 500Cツインエア ラウンジ:287万円

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.5.21 試乗記 ツインエアを積んで復活した「フィアット・パンダ」が、日本に上陸。好きな人にはたまらない、その魅力に触れた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • 第205回:大嫌いな故郷の茨城を駆け抜けろ
    『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
    2019.10.10 読んでますカー、観てますカー 夏帆主演のプチロードムービー。東京でCMディレクターをしている砂田(夏帆)は、ある日思いつきで、秘密の友達清浦(シム・ウンギョン)の愛車「フィアット・パンダ」で故郷の茨城に帰ることに。コンプレックスの根源である大っ嫌いな故郷で彼女(たち)を待ち受けていたものとは。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る