「ヤマハSR400」が復活 40周年記念限定車も登場

2018.09.14 自動車ニュース

「ヤマハSR400」


	「ヤマハSR400」
	拡大

ヤマハ発動機は2018年9月14日、2017年に生産を終了した「SR400」を「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させ、同年11月22日から再販売すると発表した。また、発売40周年記念モデル「SR400 40th Anniversary Edition」も500台限定で同日に販売を開始する。

かつてのイメージをそのまま継承

今回復活するSR400は、1978年にデビューした同モデルのイメージをほぼそのまま継承し、新たにO2フィードバック制御の精度向上や蒸発ガソリンの外気排出を低減するキャニスターなどの採用によって、二輪車平成28年排出ガス規制に適合させている。音響解析技術を駆使し、低音と歯切れの良さを向上させたマフラーも新たに採用した。

 
「ヤマハSR400」が復活 40周年記念限定車も登場の画像拡大
「SR400 40th Anniversary Edition」
「SR400 40th Anniversary Edition」拡大

キックスターターやデコンプレバーなどは、従来モデルから継続採用する。ボディーカラーは「ヤマハブラック」(ブラック)と「グレーイッシュブルーメタリック4」(ブルー)の2色。価格は57万2400円。

40周年記念モデルも限定発売

SR400の誕生40周年を記念して500台が販売されるSR400 40th Anniversary Editionは、「ベリーダークオレンジメタリック1」(ブラウン)の車体色を基本とし、フューエルタンクに職人の手作業によるサンバースト塗装(ぼかし塗装)を施したモデル。真ちゅう音叉(おんさ)エンブレムやサイドカバーの電鋳(でんちゅう)SRエンブレムなど、ディテールにもこだわり、SRの歴史や世界観を凝縮したという。

本革調のシートサイド表皮、40周年のロゴを印字したタコメーター、クロームメッキのヘッドランプボディー、ゴールドアルマイト処理を施した前後ホイールなども40th Anniversary Editionの専用装備となる。

価格は69万1200円。

(webCG)

関連キーワード:
SR400, ヤマハ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • トヨタ・スープラ プロトタイプ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.15 試乗記 トヨタがBMWとのコラボレーションによって復活させた高性能スポーツカー「スープラ」。雨の袖ヶ浦フォレストレースウェイで試乗したそのプロトタイプは、既存のトヨタ車とは一味違う“ハンドリングマシン”となっていた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る