43年の歴史に幕 ヤマハのロングセラーバイク「SR400」に最終モデル登場

2021.01.21 自動車ニュース
ヤマハSR400ファイナルエディション リミテッド
ヤマハSR400ファイナルエディション リミテッド拡大

ヤマハ発動機は2021年1月21日、中型二輪モデル「SR400」の国内向け生産の終了に合わせ、「SR400ファイナルエディション」「SR400ファイナルエディション リミテッド」を、同年3月15日に発売すると発表した。

 
43年の歴史に幕 ヤマハのロングセラーバイク「SR400」に最終モデル登場の画像拡大
 
43年の歴史に幕 ヤマハのロングセラーバイク「SR400」に最終モデル登場の画像拡大
SR400ファイナルエディション
SR400ファイナルエディション拡大
 
43年の歴史に幕 ヤマハのロングセラーバイク「SR400」に最終モデル登場の画像拡大

歴代モデルをほうふつさせるカラーリングを採用

SR400は、400ccクラスの空冷単気筒エンジンを搭載したクラシックなネイキッドモデルである。初代のデビューは1978年のことで、ビッグシングルの心地よい鼓動感や、シンプルなスタイル、今となっては貴重なキック式スターターの採用などから、今日に至るまで根強い人気を保ってきた。

SR400ファイナルエディションは同車の最終生産モデルにあたり、カラーリングには歴代モデルをほうふつさせるグラフィックパターンを用いたシンプルな“ダークグレー”と、親しみやすくぬくもりを感じさせる“ブルー”の2色を用意している。

一方、SR400ファイナルエディション リミテッドは、1000台限定で販売される特別仕様車であり、カラーリングには「多くの歴代SRファンに愛されてきた」(プレスリリースより)という“ブラック”を採用。職人の手作業によるサンバースト塗装のフューエルタンクや、シリアルナンバー入りの電鋳(でんちゅう)エンブレム、真ちゅう製の音叉(おんさ)エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、黒い文字盤に「Final Edition」のロゴを記した専用メーターなどを装備している。

価格はSR400ファイナルエディションが60万5000円、SR400ファイナルエディション リミテッドが74万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
SR400, ヤマハ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヤマハMT-09 SP ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.9 試乗記 アグレッシブな走りとスタイリングが自慢の、ヤマハのネイキッドスポーツモデル「MT-09」がフルモデルチェンジ。高い機動性に加え、上質なライドフィールも得た新型は、ヤマハ製スポーツバイクのスタンダードと呼べるマシンに仕上がっていた。
  • ヤマハXSR900(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.14 試乗記 “ザ・パフォーマンス・レトロスター”をコンセプトに開発された、ヤマハの大型バイク「XSR900」に試乗。既存の車種の枠を超え、新しい価値を提供するとうたわれる、ニューモデルの走りを報告する。
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • ヤマハ・トレーサー9 GT ABS(6MT)【レビュー】 2021.8.1 試乗記 ロングツーリングもスポーティーな走りも楽しめる、ヤマハのツアラーバイクがモデルチェンジ。名前も新たに「トレーサー9 GT」となった新型は、エンジン、車体、電子制御と、バイクを構成する全要素を刷新することで、従来モデルからの劇的な進化を果たしていた。
  • ヤマハMT-07 ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.22 試乗記 高い機能性と軽快に回るエンジンで人気を博す、ヤマハの中量級スポーツモデル「MT-07」がマイナーチェンジ。兄貴分「MT-09」ゆずりのスタイリングとなった改良型は、どのような進化を遂げたのか? サーキットで行われた試乗会から、その仕上がりを報告する。
ホームへ戻る