ポルシェ、マイナーチェンジした「マカン」を欧州で公開

2018.10.02 自動車ニュース
「ポルシェ・マカン」
「ポルシェ・マカン」拡大

独ポルシェは2018年10月2日、マイナーチェンジを行った「マカン」をパリモーターショー(開催期間:10月2日~14日)に出展、欧州で初公開すると発表した。

7.1インチから10.9インチに拡大したフルHDタッチスクリーンを新たに搭載。
7.1インチから10.9インチに拡大したフルHDタッチスクリーンを新たに搭載。拡大
リアガーニッシュ一体式となる、新しい意匠のテールライトを採用。
リアガーニッシュ一体式となる、新しい意匠のテールライトを採用。拡大

マカンは、2013年のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアされたポルシェのエントリーSUV。登場から5年目となる2018年7月に上海でマイナーチェンジモデルが発表され、今回のパリモーターショーが欧州初公開の場となる。

マイナーチェンジされたモデルでは、新デザインのLEDヘッドライトのほか、「カイエン」や「パナメーラ」などと同様に“PORSCHE”のロゴが入ったリアガーニッシュで横一直線につなげられた、4灯式ブレーキランプを内蔵する新しいテールライトデザインが採用される。

インテリアでは、ダッシュボード中央に配置されるフルHDタッチスクリーンのサイズを7.1インチから10.9インチに拡大。同時にエアコン吹き出し口を縦基調から横長に変更するなど、ダッシュボードデザインを変更している。また、「ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)」システムは、LTE通信とWLANホットスポットなどによって常時オンライン接続に対応し、ナビ使用時にはクラウドを介して常にアップデートされた情報をドライバーに提供するという。

搭載されるエンジンは、最高出力245ps、最大トルク370Nmを発生する新しい2リッター直4ターボで、7段PDKとの組み合わせで0-100km/h加速6.7秒、最高速度225km/hを実現する。燃費は現在マカンに搭載している2リッター直4ターボよりも向上。新欧州サイクル(NEDC)で、8.1 リッター/100 km(12.3km/リッター)となる。

オプション設定されるスポーツクロノパッケージでは、「911」と同タイプの「GTスポーツステアリング」を採用。スポーツレスポンススイッチなどを内蔵する。

また、加速と減速を半自動で行う渋滞走行に対応する新しいアダプティブクルーズコントロールや、ヒーテッドウィンドウ、微粒子空気フィルターを備えたイオン空気清浄機などをオプションで採用し、車内監視システムを内蔵した盗難防止装置を標準装備している。

なお、日本への導入時期や価格は未定。

(webCG)

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, パリモーターショー2018, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ポルシェ・マカン」の次期モデルは電気自動車に 2019.2.27 自動車ニュース 独ポルシェは2019年2月26日(現地時間)、コンパクトSUV「マカン」の次期モデルを、電気自動車として開発すると発表した。生産は、2020年代はじめにスタートする予定になっている。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.12.19 試乗記 「ポルシェ・マカン」がデビュー以来初となるマイナーチェンジを受けた。いまやポルシェの販売台数の約4割を占める、収益面での柱となりつつあるコンパクトSUVは、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・マヨルカ島からの第一報をお届けする。
  • ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.30 試乗記 「ポルシェ・マカン」のトップパフォーマンスモデル、その名も「マカン ターボ パフォーマンス」に試乗。箱根のワインディングロードで触れることができたのは、最高出力440psという実力のごく一部に過ぎない。それでもなお心に残ったのは“ポルシェイズム”にあふれているということだった。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • 「ポルシェ・マカン」発表会の会場から 2018.12.20 画像・写真 ポルシェ ジャパンは2018年12月19日、フェイスリフトを行った「マカン」を発表した。導入モデル「ファーストエディション」と「シュポルトエディション」も設定。当日の模様を写真で紹介しよう。
ホームへ戻る