「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデル

2018.10.18 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼ カップ250 GPエディション」
「ロータス・エリーゼ カップ250 GPエディション」拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2018年10月18日、特別仕様車「ロータス・エリーゼ カップ250 GPエディション」を発表。同日、販売を開始した。

 
「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデルの画像拡大
 
「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデルの画像拡大
 
「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデルの画像拡大
 
「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデルの画像拡大
 
「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデルの画像拡大
 
「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデルの画像拡大
 
「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデルの画像拡大
 
「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデルの画像拡大
 
「ロータス・エリーゼ」に“F1カラー”の高性能モデルの画像拡大

ブラック×ゴールドのボディーが目を引く高性能モデル

今回の特別仕様車は、「チームロータス」が1972~1986 年までのF1世界選手権で使用していたF1マシンをモチーフにしたという、ブラックとゴールドのカラーリングが特徴の限定モデルである。販売台数はグローバルで40台のみで、このうちの20台が日本に導入される。

ベースとなった「カップ250」は、エリーゼシリーズの中でも最高出力248.4ps、最大トルク244Nmのスーパーチャージャー付き1.8リッターエンジンを搭載した高性能グレードであり、今回が日本初導入となる。

上述のエンジンの高出力化に加え、足まわりにもサーキット走行を考慮したチューニングを実施。フロントにアジャスタブルアンチロールバーを装備したほか、ダンパーレートも「エリーゼ スポーツ」「エリーゼ スプリント」より高められている。また、空力性能を高めるために同車専用のフロントスプリッターやリアウイングを装着。224km/h走行時のダウンフォースを125kgに向上させた。

このほかにも、軽量化のためにバッテリーをリチウムイオン式としたり、車体剛性に配慮してT45スチール製ロールフープを採用したりといった改良を実施。動力性能については、0-100km/hが4.3 秒、最高速が248km/hと公称されている。

これらを含む、エリーゼ カップ250の専用装備は以下の通り。

  • フロントアジャスタブルアンチロールバー
  • T45スチールロールフープ
  • Cup250専⽤フロントスプリッター
  • Cup250専⽤リアウイング
  • アルカンタラパック(スポーツシート、ドアパネル、センターコンソール、ベントサラウンド<ブラック>)
  • 軽量リチウムイオンバッテリー

さらにGPエディションでは、以下の装備が採用される。

  • モータースポーツブラック特別ペイント
  • Mars Gold エクステリアカラーパック(特別デカール)(フロントアクセスパネル、フロントクラムシェル、テールゲート)
  • Gloss Goldメタリックデカール(World Championローレルリース)
  • Mars Goldペイントフィニッシュ(フロントスプリッター、リアウイングアップライト)
  • Mars Goldフィニッシュ軽量鍛造アルミホイール Yスポーク(前:16インチ/後ろ:17インチ)
  • ゴールドステッチ
  • インテリアカラーパック(モータースポーツブラック)(トランスミッションコンソール、HVACパネル、シートアイレット、パワーウィンドウベゼル)
  • GPエディション専⽤カーボンスポーツシート(ロータスロゴ&ローレルリースゴールド刺しゅう、ブラックアルカンタラ/ブラックレザー/クロスコンビネーション)
  • アルカンタラステアリングホイール
  • フロアマット
  • エアコンディショニングユニット
  • クラリオン製 CD/MP3/WMA オーディオ、2 スピーカー

価格は896万4000円。⽇本でのデリバリー開始は2018年11⽉の予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
エリーゼ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エリーゼ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • 新型「トヨタ・ヤリス」で社会が変わる? “健康寿命”を延ばす新装備に注目せよ 2019.11.15 デイリーコラム 2020年2月に発売される新型「ヤリス」には、トヨタ初の新装備が用意されている。それで、高齢化が進む日本において、ひとびとの“健康寿命”を延ばすことができるというのだが……? 開発者に話を聞いた。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る