スバルが「インプレッサ」を一部改良

2018.10.11 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ」
「スバル・インプレッサスポーツ」拡大

スバルは2018年10月11日、「インプレッサ」を一部改良し、同年11月2日に発売すると発表した。

「インプレッサG4」
「インプレッサG4」拡大

今回の改良では、信号待ちや渋滞時などにブレーキペダルから足を離しても車両の停止状態を保持するオートビークルホールド機能を追加した。

あわせて、スバルの60周年を記念する特別仕様車として2018年4月に発売した「1.6i-L EyeSight Sスタイル」を継続販売することも発表した。

価格は「インプレッサスポーツ」「インプレッサG4」とも共通で、194万4000円から261万3600円まで。

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサG4, インプレッサスポーツ, スバル, 自動車ニュース

スバル インプレッサG4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 2018.10.11 自動車ニュース スバルは2018年10月11日、「インプレッサ」を一部改良し、同年11月2日に発売すると発表した。信号待ちや渋滞時などにブレーキペダルから足を離しても車両の停止状態を保持するオートビークルホールド機能を追加している。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルが新型「インプレッサ」の日本仕様車を発表 2016.7.26 自動車ニュース スバルが今秋発売予定の新型「インプレッサ」の日本仕様車を公開した。同車はスバルが次世代商品群の第1弾として位置づけているモデルであり、新開発のプラットフォームやスバル初の歩行者用エアバッグなど、多数の新技術が取り入れられている。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
ホームへ戻る