四輪の世界も変えていく!?
活気あふれるヤマハの動きに注目せよ

2018.10.12 デイリーコラム

バイクの価値観を変える製品

ヤマハからフロント2輪、リア1輪のバイク「ナイケン」が登場し、その試乗会がクローズドコースで開催された。当日は近づく台風の影響で雨に見舞われ、走行には最悪のコンディションになったものの、結果的にそれがナイケンの実力をあらわにした。

というのも、路面はフルウエット状態だったにもかかわらず、ナイケンはまったく恐怖感を与えるなくフルバンクに到達し、ヒザのバンクセンサーも余裕で接地。そこには“グリップ革命”と呼べるほどの圧倒的なスタビリティーがあったからだ。

かといって、四輪的なコーナリングかといえばまったく違う。ちゃんと体を前後左右上下に動かしながらGをコントロールする醍醐味(だいごみ)は二輪車のそれのままで、つまり四輪の安定感と二輪の運動性がすさまじく高いレベルでバランスしていたのである。

本当はもっと書きたい、もっと知ってほしいのだが今回はここまで。確かなのは、バイクの価値観が変わる瞬間に立ち会えたということである。

ヤマハには「RZ250」「V-MAX」「YZF-R1」といったエポックメイキングなモデルがいくつもあり、その度にバイク界の風向きを大きく変えてきた。ナイケンもそこに名を連ねるのは間違いなく、今後のモビリティーのありようにも大きな影響を与えるはずだ。

2018年9月にデビューした、ヤマハの三輪モーターサイクル「ナイケン」。価格は178万2000円で、年内のデリバリー開始が見込まれている。
2018年9月にデビューした、ヤマハの三輪モーターサイクル「ナイケン」。価格は178万2000円で、年内のデリバリー開始が見込まれている。拡大
日高祥博 ヤマハ発動機社長のライディングでクローズドコースを走る「ヤマハ・ナイケン」。フロントが2輪になっている点が最大の特徴で、コーナリング中の安定性やクルージングにおける快適性が持ち味とされている。
日高祥博 ヤマハ発動機社長のライディングでクローズドコースを走る「ヤマハ・ナイケン」。フロントが2輪になっている点が最大の特徴で、コーナリング中の安定性やクルージングにおける快適性が持ち味とされている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事