ダイムラーの選択は“いばらの道”か?
EV化するスマートのこれからを考える

2018.10.19 デイリーコラム

圧倒的な「ノー!」の中で

2018年10月14日に幕を閉じたパリのモーターショー。ここで最も意欲的な展示を行ったメルセデス・ベンツは、新型の「Bクラス」や「GLE」といったガソリンエンジンを搭載するニューモデルを発表しつつも、全体としては、これまでどおり電動化への強い意欲を見せ続けた。

まずプレスカンファレンスにて、コンセプトカー「ヴィジョンEQシルバーアロー」を前に、ダイムラーのCEOであるディーター・ツェッチェ氏が「欧州のユーザーに行ったアンケートによると98.3%の人が、今年にEVを購入しないという結果でした」という驚きのスピーチを始めた。

「現状のEVを欲しいという人はいない」という、強烈な皮肉だ。しかしこの後で、「でも、大丈夫。これからリリースするEVである『EQC』は、これまでの普通のメルセデス・ベンツと同じように使えるから」と落とした。セールスに苦戦する現状のEVの状況を鑑みつつも、「自分たちのEVであるEQシリーズなら大丈夫」という強気の姿勢を見せたのだ。

もうひとつの電動化への意欲の象徴がコンセプトカー「スマート・フォーイーズ」だ。もうスマートは“完全なるEVブランド”にするという。スマートからガソリンエンジン車がなくなる――以前から、そのような方針はちらつかせてはいたが、今回は完全に「スマートはEVになる」と言い切った。1998年の初代スマート誕生から20年目の、大きな決断といえるだろう。

しかし、考えてみればスマートのEV化は、今に始まったアイデアではない。というか、20年前の最初のスマートもコンセプトの時点ではEVの可能性が模索されていた。先祖返りというか、ようやく最初のコンセプトを実現できる世の中になったともいえるだろう。

パリモーターショー2018において、コンセプトモデル「スマート・フォーイーズ」を紹介する、ダイムラーのディーター・ツェッチェCEO。全車電動化を目指すスマートの将来像である。
パリモーターショー2018において、コンセプトモデル「スマート・フォーイーズ」を紹介する、ダイムラーのディーター・ツェッチェCEO。全車電動化を目指すスマートの将来像である。拡大
「スマート・フォーイーズ」のインテリア。キャビンはオープントップになっており、インフォテインメントシステム用の円形ディスプレイが備わる。上端のないステアリングホイールも特徴的。
「スマート・フォーイーズ」のインテリア。キャビンはオープントップになっており、インフォテインメントシステム用の円形ディスプレイが備わる。上端のないステアリングホイールも特徴的。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事