フェラーリ、テーラーメイドを集めた特別イベント開催

2018.10.24 自動車ニュース
イタリア大使館内には、9台の「フェラーリGTC4ルッソT」が展示された。
イタリア大使館内には、9台の「フェラーリGTC4ルッソT」が展示された。拡大

フェラーリ・ジャパンは2018年10月22日、「フェラーリ・テーラーメイドの芸術(The Art of Ferrari Tailor Made)」と題したイベントをイタリア大使館で開催した。

イベントに参加したジョルジョ・ストラーチェ駐日イタリア大使(写真左)とエンリコ・ガリエラ  フェラーリS.p.A.チーフマーケティング&コマーシャルオフィサー(写真右)。
イベントに参加したジョルジョ・ストラーチェ駐日イタリア大使(写真左)とエンリコ・ガリエラ  フェラーリS.p.A.チーフマーケティング&コマーシャルオフィサー(写真右)。拡大

当日は、テーラーメイドで仕立てられた、それぞれ異なる仕様の「GTC4ルッソT」が9台展示され、ファッション、建築、クリエーティブの分野から300人以上のゲストが集まったという。

フェラーリ・テーラーメイドは、顧客のリクエストによって世界に1台の愛車を構築できるパーソナライゼーションプログラムだ。内外装の色や使用する素材、パーツの有無などを膨大なオプションリストの中から選べ、自分だけのフェラーリを注文することができる。

2018年9月には、フェラーリの工場があるイタリアのマラネッロに、テーラーメイドとアトリエを完備したスタイリングセンターも完成。こちらでもパーソナライゼーション体験が行えるという。

(webCG)

関連キーワード:
GTC4ルッソ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • 「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場 2019.9.9 自動車ニュース 伊フェラーリは2019年9月9日、最高出力800PSの12気筒エンジンを搭載するオープントップモデル「フェラーリ812GTS」を発表した。最高速は340km/h、0-100km/hの加速タイムは3秒未満と公表される。
  • 最高出力720PSの新型オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」デビュー 2019.9.9 自動車ニュース 伊フェラーリは2019年9月9日、新型の高性能オープンスポーツカー「フェラーリF8スパイダー」を発表した。ベースとなる「F8トリブート」よりも車重は増しているが、0-100km/h加速や最高速は変わらない。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 「フェラーリ488GTB」の後継モデル「F8トリブート」日本デビュー 2019.6.25 自動車ニュース フェラーリは2019年6月25日、東京都近代美術館において新型のV8ミドシップスポーツカー「F8 Tributo(トリブート)」を日本で初披露した。同モデルは「488GTB」の後継で、第89回ジュネーブモーターショーがワールドプレミアの会場となった。
ホームへ戻る