第52回:自動ブレーキが欲しい!

2017.08.01 カーマニア人間国宝への道

キャリアダウンへの不安

赤い玉号こと「フェラーリ328GTS」がやぶ入りすると同時に、「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」に代わる牛丼カー(足グルマ)への欲望が復活してしまった不肖清水草一ですが、そもそもなぜデルタを買い替えたいのか?

大好きなマニアック系イタリア車だし、あんなにオシャレさんだし、ディーゼルだからトルクはあるし燃費も抜群だ。いったいどこが気に入らないのか。

いや、嫌になったわけじゃない。主たる理由はただひとつ。自動ブレーキやACC(アダプティブクルーズコントロール)などの、先進安全ラクチン装備が猛烈に欲しくなったのです。

私もはや55歳。『サザエさん』の時代なら定年退職だ。磯野波平さんは54歳という設定だが、それより1歳年上なのですから。

男にとっては、バカボンのパパの年齢(41歳)と、波平さんの年齢(54歳)は大きな節目だが、「オレもバカボンのパパと同い年になったのか……」よりも、「波平さんより年寄りになっちゃったヨ~~~!」の方がインパクトはデカかろう。なにせ波平さんは、毛がチョロンとしかないおじいさんなのだから!

さすがに今どき定年退職が55歳という会社は少ないと思うが、そうでなくても大企業では「キャリアダウン」とかいって、役員に昇り詰めない限り55歳までには実質ヒラに降格、あるいは出向が常識だとか。降格や出向と自動ブレーキは関係ねぇだろ! と言われればその通りだが、近年運転中に小さなうっかりの連続で、注意力がキャリアダウン中の私なのです。

夏場は暑くて乗ることができないので“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」の話題は、秋までいったんお休み。(写真=池之平昌信)
夏場は暑くて乗ることができないので“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」の話題は、秋までいったんお休み。(写真=池之平昌信)拡大
“スーパー節約号”こと「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。
“スーパー節約号”こと「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。拡大
キャリアダウンに負けるか~!! でも……。(写真=池之平昌信)
キャリアダウンに負けるか~!! でも……。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
ホームへ戻る