新型「トライアンフ・スクランブラー」登場

2018.10.25 自動車ニュース
「トライアンフ・スクランブラー1200 XE」
「トライアンフ・スクランブラー1200 XE」拡大

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2018年10月25日、「トライアンフ・スクランブラー」の新型を発表した。

「スクランブラー1200 XC」。オフロード性能を高めた「XE」に比べ、車高とシート高はより低く、ホイールベースは短めに設定される。
「スクランブラー1200 XC」。オフロード性能を高めた「XE」に比べ、車高とシート高はより低く、ホイールベースは短めに設定される。拡大

「スクランブラー1200 XC」のサイドビュー。エキゾーストパイプとマフラーは車体右側にレイアウトされている。


	「スクランブラー1200 XC」のサイドビュー。エキゾーストパイプとマフラーは車体右側にレイアウトされている。
	拡大
液晶タイプのメーターパネル。ハンドルバー両端のスイッチ類がバックライト付きになるなど、操作性の向上が図られている。
液晶タイプのメーターパネル。ハンドルバー両端のスイッチ類がバックライト付きになるなど、操作性の向上が図られている。拡大
「スクランブラー1200 XE」
「スクランブラー1200 XE」拡大
 
新型「トライアンフ・スクランブラー」登場の画像拡大

オフロードもおまかせ

現代のトライアンフ・スクランブラーは、1960年代初頭に販売されたオリジナルのスクランブラーをイメージして開発されたモデル。オンロード車をベースにオフロード走行も可能なように仕立てられたスタイリングがセリンポイントで、具体的には、高めの車高や高い位置に取り回されたエキゾーストパイプなどが特徴に挙げられる。

今回発表された最新型は、オンロードとオフロードの両方で走行性能を発揮できる「スクランブラー1200 XC」と、特にオフロードの走破性を高めた「スクランブラー1200 XE」の二本立てとなっている。

スクランブラー1200 XCのボディーサイズは、全長×全幅×全高=2285×840×1200mmで、シート高は840mm。乾燥重量は205kgと公表される。パワーユニットは日本国内で2016年に発売された現行型「ボンネビルT120」の1.2リッター並列2気筒エンジンに独自のチューニングを施したもので、最高出力90ps/7400rpm、最大トルク110Nm/3950rpmを発生。シャシーは、ボンネビルとは異なるオリジナルフレームと、ショーワ製のフロントフォーク、オーリンズ製フルアジャスタブルピギーバッグリアサスペンションユニット、ブレンボ製のモノブロックブレーキキャリパーなどで構成される。

状況に合わせて5つの走行モード(ロード/レイン/オフロード/スポーツ/ライダー)が選べる点や、バックライト付きのスイッチ、トルクアシストクラッチ、キーレスイグニッション、クルーズコントロールといった快適装備が充実しているところも、新型の見どころ。純正オプションは80以上ラインナップされ、「GoPro」の内蔵型制御システムもモーターサイクルでは初めて用意される。

一方のスクランブラー1200 XEは、XC比でホイールベースが40mm延長されており、車体のスリーサイズも40mm長く、65mm幅広く、50mm高くなっている。オフロード走行を意識してサスペンショントラベルは50mm長くとられており、シート高も30mm高い。

さらに、走行モードがXCの5種類に「オフロードプロモード」を加えた6種類になるほか、走行状況に応じてABSの設定をオンロード/オフロード/オフ(切)の間で自動的に切り替える「オプティマイズドコーナリングABS」が装着される。

XC、XEともに、新型スクランブラーの日本市場への導入時期と価格は未定である。

(webCG)

関連キーワード:
スクランブラー, トライアンフ, バイク, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:これぞオートバイのカッコよさ
    大排気量のクラシックモデルに高ぶる
    2019.4.20 JAIA輸入二輪車試乗会2019 昔ながらの“単車らしい”デザインをまとうクラシカルなオートバイ。とはいえ、ブランドや仕立てが変われば、その乗り味もまったく異なるものになる。さて、今回ピックアップした伊・米・英の3台では、どんな走りが楽しめるのか?
  • ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド(MR/6MT)【レビュー】 2019.6.28 試乗記 単なる“おしゃれなネオクラシック”と思ったら大間違い。「ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド」は、ストリートでも林道でも存分に走りが楽しめる、極めてハイレベルな“万能選手”に仕上がっていた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • モト・グッツィV85 TT(MR/6MT)【レビュー】 2019.7.6 試乗記 縦置きVツインという、ユニークなエンジンレイアウトのバイクを多数手がけるモト・グッツィから、新たにアドベンチャーモデル「V85 TT」が登場。クラシカルなスタイリングとモダンなテクノロジーを併せ持つニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
ホームへ戻る