第1回:これぞオートバイのカッコよさ
大排気量のクラシックモデルに高ぶる

2019.04.20 JAIA輸入二輪車試乗会2019
 
第1回:これぞオートバイのカッコよさ大排気量のクラシックモデルに高ぶるの画像拡大

昔ながらの“単車らしい”デザインをまとう、クラシカルなオートバイ。とはいえブランドや仕立てが変われば、その乗り味もまったく異なるものになる。今回ピックアップした伊・米・英の3台では、どんな走りが楽しめるのか?

モト・グッツィV9ボバースポーツ
モト・グッツィV9ボバースポーツ拡大
 
第1回:これぞオートバイのカッコよさ大排気量のクラシックモデルに高ぶるの画像拡大
 
第1回:これぞオートバイのカッコよさ大排気量のクラシックモデルに高ぶるの画像拡大
 
第1回:これぞオートバイのカッコよさ大排気量のクラシックモデルに高ぶるの画像拡大
 
第1回:これぞオートバイのカッコよさ大排気量のクラシックモデルに高ぶるの画像拡大
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2185×840×1160mm
ホイールベース:1465mm
重量:199kg
エンジン:853cc 空冷4ストローク V型2気筒 OHV 2バルブ
最高出力:55ps(40.4kW)/6250rpm
最大トルク:62Nm(6.3kgm)/3000rpm
価格:131万7600円
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2185×840×1160mm
	ホイールベース:1465mm
	重量:199kg
	エンジン:853cc 空冷4ストローク V型2気筒 OHV 2バルブ
	最高出力:55ps(40.4kW)/6250rpm
	最大トルク:62Nm(6.3kgm)/3000rpm
	価格:131万7600円拡大

見ても乗っても個性の塊
モト・グッツィV9ボバースポーツ……131万7600円

進行方向に向かってピースするようにV型2気筒エンジンを積むモト・グッツィ。90度Vツインからの動力は、ぜいたくにもシャフトを通じて後輪に伝えられる。

現行ラインナップの排気量は大きく分けて2種類。ナナハン(744cc)を積むのが「V7 III」、853ccが「V9」(と新しい「V85TT」)で、それぞれが細かい派生車種をラインナップする。

フラッグシップたる「V9ローマー」を“ちょいワル”のマッチョ系に仕上げたのが、「V9ボバー」だ。フェンダーをカットし、前後ホイールを16インチに小径化する一方、ファットタイヤを履いて、男らしさを強調。バーハンドルも、フラットな形状に変更されている。「スポーツ」は、V9ボバーの特別仕様モデルで、シングルシート、オーリンズ製サス、カットされたスリップオンアルミマフラーで、その名の通りスポーティーに装う。

シート高は785mm。足つきがいい。やや腕を伸ばして、イタリアンマッチョな気分(!?)でキーを回すと、ズロン! Vツインに火が入ると同時にボディーが左右に揺すられる。「うーん、この瞬間がモト・グッツィだね」と、にわかライダー(←ワタシのことです)はニヤけるわけです。

空冷Vツインは、2バルブのOHVユニット。55psの最高出力と62Nmの最大トルクを発生する。ハイメカ&ハイスペックな国産バイクを見慣れた目には、「そんなものなの?」と思わせるアウトプットですが、スロットルをひねったとたん、そんな疑念はフッ飛びます。いきなりブッ太いトルクがドンとバイクを押し出して、油断していたライダーをその場に置き去りにするような加速を見せる。なにしろ最大トルクの発生回転数が3000rpmなので、軽く流しているつもりでもドンドン速度が乗っていく。V9ボバー、普通に速いよ。

ステアリングを切ったとたんグラッとくる、極初期ロールの速さも楽しい。もちろん、すぐに通常のロールになるので、独特のリズムを持って適度なスポーツ走行を堪能できる。見ても、乗っても、V9ボバースポーツは、個性の塊。惜しむらくは、イタリアンプレイボーイを気取ろうとしてもタンデムできないこと、かな。

(文=青木禎之/写真=三浦孝明/編集=関 顕也)

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る