クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トライアンフ・スクランブラー1200XC(MR/6MT)

気になるアイツ 2020.12.03 試乗記 今はやりの“ビッグオフ”の中でも、ライバルとは一味違った魅力を放つ「トライアンフ・スクランブラー1200XC」。1.2リッターのバーチカルツインを搭載した英国製オフローダーは、クラシックな趣と、オフロードでの確かなパフォーマンスを併せ持つ一台に仕立てられていた。

“カッコだけ”のモデルにあらず

ここ最近、大排気量のアドベンチャーモデルが人気だ。各メーカーがいろいろなモデルを投入している。しかしトライアンフ・スクランブラー1200は、そうしたライバルたちとは方向性がずいぶん違う。クラシカルなスタイルだし、リアサスペンションにはコンベンショナルな2本ショックを採用しているのだ。

こう書くと雰囲気を重視したストリートモデルのように感じてしまうかもしれないが、スクランブラー1200はオフの性能も素晴らしい。先日、このマシンに試乗した某エンデューロライダーが、その性能に感心していたほどなのである。

エンジンはとても元気がいい。低中速から1200ccらしい力強さとはじけるようなパンチがあり、3000rpmも回っていたら、かなり強烈な加速をする。レッドゾーンは7000rpmからと低いけれど、そこまでは全域トルクバンドという感じだ。ハイパーツインのように狂った加速はしないけれども、ストリートでは十分すぎるぐらいパワーがある。マネジメントもよくできていて、ライディングモードを「ロード」にセットして走っていると、スロットルを開けたときのドンツキもない。右グリップのひねり方ひとつで、自由自在にマシンを操ることができる。 

前後サスの出来もかなりいい。動きもスムーズだしダンピングも効いている。オフを想定してストロークは多めに確保されているが、オンロードでハードにブレーキングしても、極端にノーズダイブしたりしない。

往年のオフロードモデルのスタイルを今日によみがえらせた“スクランブラー”は、輸入車を中心に今はやりのジャンル。なかでもトライアンフのそれは、本格的なアドベンチャーモデルと比べてもそん色のない性能を備えているのが特徴だ。
往年のオフロードモデルのスタイルを今日によみがえらせた“スクランブラー”は、輸入車を中心に今はやりのジャンル。なかでもトライアンフのそれは、本格的なアドベンチャーモデルと比べてもそん色のない性能を備えているのが特徴だ。拡大
エンジンは「ボンネビルT120」由来の1.2リッター水冷2気筒SOHC 4バルブ(1シリンダーあたり)をベースに、独自のチューニングを施したもの。90PSの最高出力と110N・mの最大トルクを発生する。
エンジンは「ボンネビルT120」由来の1.2リッター水冷2気筒SOHC 4バルブ(1シリンダーあたり)をベースに、独自のチューニングを施したもの。90PSの最高出力と110N・mの最大トルクを発生する。拡大
グレードは「XE」と「XC」の2種類。今回試乗したXCは、よりデュアルパーパスとしての性格を重視したモデルで、サスペンションのトラベル量は前後ともに200mm(XEは250mm)となっている。
グレードは「XE」と「XC」の2種類。今回試乗したXCは、よりデュアルパーパスとしての性格を重視したモデルで、サスペンションのトラベル量は前後ともに200mm(XEは250mm)となっている。拡大

林道もダートも楽しめる

ハンドリングはビッグオフらしいどっしりとしたもの。フロントタイヤは21インチでジャイロ効果が大きいから、ステアリングの逆操舵でバイクを倒そうとしても反応が鈍いのだけれど、イン側のステアリングを押し下げるような操作と体重移動を併用してやると、バイクはとても素直にバンクしていく。一度旋回に入ってしまえばフロントホイールの安定感が高いため、細かな操作は必要なし。体をあずけるようにしているだけで、気持ちのよいコーナリングを見せてくれる。

17インチフロントホイールのマシンのように、ステアリングがクイックに切れていく感じではなく、オートバイのバンク角で自然に旋回しているような感じ。出口が見えたらスロットルを開ければ、ツインの排気音を奏でながら、リアタイヤに強いトラクションをかけて、スクランブラー1200は立ち上がっていく。

オフロードモデルとしては薄いシートもあって、路面によってはときどきお尻にショックを感じるけれど、よく動くサスペンションのおかげで乗り心地は悪くない。

ところで、スクランブラー1200には今回試乗したXCと、さらに本格的なオフを想定した「XE」が存在する。XCは車高が低いぶんサスストロークも控えめになっているけれど、今回走った林道くらいだったら、十分に楽しめるレベルだ。2本ショックでありながらリアサスの動きはしなやかで、加速時にリアが沈み気味の状態でギャップに突っ込んでも、ショックをうまく吸収してくれる。低重心な車体とおだやかで安定感の高いハンドリングや、先に触れたトルク型のエンジンも扱いやすい。

速さを追求したら、本格的なアドベンチャーモデルにはかなわないかもしれない。しかしダートを楽しむという点では、このマシンにはかなりの高得点をあげられる。

オフロードモデルらしく、フロントには21インチの大径タイヤを装備。ブレーキは前後ともにブレンボ製だ。
オフロードモデルらしく、フロントには21インチの大径タイヤを装備。ブレーキは前後ともにブレンボ製だ。拡大
サスペンションは前がショーワ製φ45mm倒立フォーク、後ろがピギーバック式のリザーバータンクを備えたオーリンズ製ツインショックとなっている。
サスペンションは前がショーワ製φ45mm倒立フォーク、後ろがピギーバック式のリザーバータンクを備えたオーリンズ製ツインショックとなっている。拡大
クラシックなデザインの一助となっているリアの2本ショックは、性能も上々。動きはスムーズでダンピングもしっかりしており、乗り心地も悪くない。
クラシックなデザインの一助となっているリアの2本ショックは、性能も上々。動きはスムーズでダンピングもしっかりしており、乗り心地も悪くない。拡大
上級モデル「XE」ほどではないにせよ、オフロード性能は十分。いわゆる“アシの短さ”も、重心の低さや足つき性のよさといった、扱いやすさにつながっている。
上級モデル「XE」ほどではないにせよ、オフロード性能は十分。いわゆる“アシの短さ”も、重心の低さや足つき性のよさといった、扱いやすさにつながっている。拡大
「スクランブラー1200」はスロットルの調律具合も秀逸。ライディングモードによっては、テールをスライドさせての豪快なライディングも楽しめる。
「スクランブラー1200」はスロットルの調律具合も秀逸。ライディングモードによっては、テールをスライドさせての豪快なライディングも楽しめる。拡大
ライディングモードは「ロード」「オフロード」「レイン」「スポーツ」、そしてカスタマイズモードにあたる「ライダー」の5種類。
ライディングモードは「ロード」「オフロード」「レイン」「スポーツ」、そしてカスタマイズモードにあたる「ライダー」の5種類。拡大
「トライアンフ・スクランブラー」シリーズの伝統ともいえるアップマフラー。カバー付きとはいえ、エンジンの横を通る排気管がライダーの足に触れるので、薄着でのライディングは禁物である。
「トライアンフ・スクランブラー」シリーズの伝統ともいえるアップマフラー。カバー付きとはいえ、エンジンの横を通る排気管がライダーの足に触れるので、薄着でのライディングは禁物である。拡大
「スクランブラー1200XC」は、ストリートで映えるビッグバイクとしても、悪路を楽しむオフロードモデルとしても、高い完成度を誇る一台だった。
「スクランブラー1200XC」は、ストリートで映えるビッグバイクとしても、悪路を楽しむオフロードモデルとしても、高い完成度を誇る一台だった。拡大

2つの楽しさをこの一台で

実際、このマシンに乗ったエンデューロライダーたちに話を聞いてみると、「初めて乗ったビッグオフがこれほど楽しいとは思わなかった」とか「最初は重さと大きさが心配だったけれど、予想外に走りやすかった」といった感想を語ってくれた。同時に乗り比べてはいないが、車高がそこそこに抑えられているため、同じクラスのマシンよりも車体を支えやすい感じもする。ビッグオフ入門用としてもオススメできるマシンである。

オフを走っていて面白いと思ったのは、トラクションコントロールの利き方とスロットルのマネジメント。滑りやすい路面でツインの大トルクは扱いにくいこともあるが、スクランブラー1200では、スロットルの開け始めのトルクがうまく抑えられている。そして、そのまま回転を上げてパワーをかけていくと、今度は適度なリアの横流れを維持してくれる。ビッグツインの特性とオフでの走りやすさを、うまく考えた味つけだ。

オフで遊んでいるとマフラーに当たる足が熱くなるけれど、これはスタイルを追求したレイアウトを考えたら仕方ない。薄着で乗らずブーツを履いていれば問題ないだけのことである。

スクランブラー1200は、ストリートでビッグツインの走りを楽しみながら、時にはオフロードも思い切り走るような使い方をする人のためにつくられたマシンだ。「アドベンチャーモデルの走りは魅力的だが、最新オフローダーのバリバリのスタイルは気恥ずかしい」なんていう声をよく聞くが、そんなライダーにはピッタリだろう。実はテスターである後藤もずっと気になっているのである。

(文=後藤 武/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

トライアンフ・スクランブラー1200XC
トライアンフ・スクランブラー1200XC拡大
 
トライアンフ・スクランブラー1200XC(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=--×840×1200mm
ホイールベース:1530mm
シート高:840mm
重量:225kg(空車重量)
エンジン:1200cc 水冷4ストローク直列2気筒SOHC 4バルブ
最高出力:90PS(66.2kW)/7400rpm
最大トルク:110N・m(11.2kgf・m)/3950rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:4.9リッター/100km(約20.4km/リッター、WMTCモード)
価格:192万1900円

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トライアンフ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。