「ジャガーXF」の2019年モデル受注開始

2018.10.29 自動車ニュース
フロントグリルサラウンドやサイドベント&サイドシル、ミラーキャップなどをダークサテングレーでコーディネートした「ジャガーXF 300スポーツ」のエクステリア。
フロントグリルサラウンドやサイドベント&サイドシル、ミラーキャップなどをダークサテングレーでコーディネートした「ジャガーXF 300スポーツ」のエクステリア。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年10月29日、「ジャガーXF」の2019年モデルを発表し、受注を開始した。

「XF 300スポーツ」ではステアリングホイールに「300 SPORT」のロゴが入る。
「XF 300スポーツ」ではステアリングホイールに「300 SPORT」のロゴが入る。拡大
イエローコントラストステッチを採用した「XF 300スポーツ」のインテリア。「300 SPORT」のロゴをヘッドレストなどに配している。
イエローコントラストステッチを採用した「XF 300スポーツ」のインテリア。「300 SPORT」のロゴをヘッドレストなどに配している。拡大
「XF 300スポーツ」のトレッドプレートに入る「300 SPORT」のロゴ。
「XF 300スポーツ」のトレッドプレートに入る「300 SPORT」のロゴ。拡大

XFの2019年モデルでは、「サルーン」に新グレードとなる「300スポーツ」を、「XFスポーツブレイク」に「Rスポーツ」を新設定したほか、従来後輪駆動のみのラインナップだったXFスポーツブレイクにディーゼルエンジンとAWDの組み合わせを新たに加えた。さらに、先に登場した「XE」と同様に、「プロテクト」「リモートプレミアム」「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」といったスマートフォンと連動するコネクティビティー機能と、車両が車線から逸脱しそうになると自動的にステアリングを制御して車線内に戻すドライバー支援システム「レーン・キープ・アシスト(LKA)」を全グレードに標準装備している。

新グレードの300スポーツは、2リッター直4ターボ「インジニウム」エンジンの最高出力を300psに引き上げたスポーティーなグレードだ。エクステリアでは、フロントグリルサラウンドやサイドベント&サイドシル、ミラーキャップなどをダークサテングレーでコーディネートし、19インチの5本スプリットスポーク“スタイル5035”を装着。インテリアではイエローコントラストステッチを採用し、「300 SPORT」のロゴをトレッドプレートやステアリングホイール、ヘッドレストなどに配したほか、イエローコントラストエッジを採用した専用フロアマットも装備する。ボディーカラーはユーロンホワイト、インダスシルバー、サントリーニブラックの3色をラインナップしている。

搭載エンジン別によるXFシリーズの価格は以下の通り。

【2リッター直列4気筒インジニウムガソリンエンジン搭載モデル】

  • XFピュア(200ps):614万円
  • XFプレステージ(200ps):681万円
  • XFピュア(250ps):677万円
  • XFプレステージ(250ps):741万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(250ps):775万円
  • XFスポーツブレイク Rスポーツ(250ps):793万円
  • XF Rスポーツ(300ps):829万円
  • XF 300スポーツ(300ps):866万円
  • XFポートフォリオ(300ps):908万円

【3リッターV型6気筒ガソリンエンジン搭載モデル】

  • XF S(380ps):1156万円

【2リッター直列4気筒インジニウムディーゼルエンジン搭載モデル】

  • XFピュア(180ps):624万円
  • XFピュア(180ps)AWD:649万円
  • XFプレステージ(180ps):707万円
  • XFプレステージ(180ps)AWD:732万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(180ps):741万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(180ps)AWD:766万円
  • XFスポーツブレイク Rスポーツ(180ps)AWD:784万円

(webCG)

関連キーワード:
XF, XFスポーツブレイク, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る