「ジャガーXF」の2019年モデル受注開始

2018.10.29 自動車ニュース
フロントグリルサラウンドやサイドベント&サイドシル、ミラーキャップなどをダークサテングレーでコーディネートした「ジャガーXF 300スポーツ」のエクステリア。
フロントグリルサラウンドやサイドベント&サイドシル、ミラーキャップなどをダークサテングレーでコーディネートした「ジャガーXF 300スポーツ」のエクステリア。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年10月29日、「ジャガーXF」の2019年モデルを発表し、受注を開始した。

「XF 300スポーツ」ではステアリングホイールに「300 SPORT」のロゴが入る。
「XF 300スポーツ」ではステアリングホイールに「300 SPORT」のロゴが入る。拡大
イエローコントラストステッチを採用した「XF 300スポーツ」のインテリア。「300 SPORT」のロゴをヘッドレストなどに配している。
イエローコントラストステッチを採用した「XF 300スポーツ」のインテリア。「300 SPORT」のロゴをヘッドレストなどに配している。拡大
「XF 300スポーツ」のトレッドプレートに入る「300 SPORT」のロゴ。
「XF 300スポーツ」のトレッドプレートに入る「300 SPORT」のロゴ。拡大

XFの2019年モデルでは、「サルーン」に新グレードとなる「300スポーツ」を、「XFスポーツブレイク」に「Rスポーツ」を新設定したほか、従来後輪駆動のみのラインナップだったXFスポーツブレイクにディーゼルエンジンとAWDの組み合わせを新たに加えた。さらに、先に登場した「XE」と同様に、「プロテクト」「リモートプレミアム」「InControlアプリ」「Wi-Fiホットスポット」といったスマートフォンと連動するコネクティビティー機能と、車両が車線から逸脱しそうになると自動的にステアリングを制御して車線内に戻すドライバー支援システム「レーン・キープ・アシスト(LKA)」を全グレードに標準装備している。

新グレードの300スポーツは、2リッター直4ターボ「インジニウム」エンジンの最高出力を300psに引き上げたスポーティーなグレードだ。エクステリアでは、フロントグリルサラウンドやサイドベント&サイドシル、ミラーキャップなどをダークサテングレーでコーディネートし、19インチの5本スプリットスポーク“スタイル5035”を装着。インテリアではイエローコントラストステッチを採用し、「300 SPORT」のロゴをトレッドプレートやステアリングホイール、ヘッドレストなどに配したほか、イエローコントラストエッジを採用した専用フロアマットも装備する。ボディーカラーはユーロンホワイト、インダスシルバー、サントリーニブラックの3色をラインナップしている。

搭載エンジン別によるXFシリーズの価格は以下の通り。

【2リッター直列4気筒インジニウムガソリンエンジン搭載モデル】

  • XFピュア(200ps):614万円
  • XFプレステージ(200ps):681万円
  • XFピュア(250ps):677万円
  • XFプレステージ(250ps):741万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(250ps):775万円
  • XFスポーツブレイク Rスポーツ(250ps):793万円
  • XF Rスポーツ(300ps):829万円
  • XF 300スポーツ(300ps):866万円
  • XFポートフォリオ(300ps):908万円

【3リッターV型6気筒ガソリンエンジン搭載モデル】

  • XF S(380ps):1156万円

【2リッター直列4気筒インジニウムディーゼルエンジン搭載モデル】

  • XFピュア(180ps):624万円
  • XFピュア(180ps)AWD:649万円
  • XFプレステージ(180ps):707万円
  • XFプレステージ(180ps)AWD:732万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(180ps):741万円
  • XFスポーツブレイク プレステージ(180ps)AWD:766万円
  • XFスポーツブレイク Rスポーツ(180ps)AWD:784万円

(webCG)

関連キーワード:
XF, XFスポーツブレイク, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る