「ホンダ・インサイト」が帰ってくる
ズバリ、日本市場での勝算は?

2018.11.07 デイリーコラム

2018年内に国内で復活販売されることが発表された「ホンダ・インサイト」。新たにセダンボディーを手にした新型に、果たして日本市場での勝算はあるのだろうか。

どうして日本市場を去ったのか

初代ホンダ・インサイトは1999年に発売されたが、このクルマは多分に実験的だった。全長を3940mmに抑えた2人乗りのクーペで、1リッター直列3気筒エンジンをベースとしたハイブリッドシステムを搭載したが、売れ行きを伸ばせずに終わっている。

商業的にまずまず成功したのは、2009年2月に発売された2代目インサイトだ。1.3リッター直列4気筒エンジンをベースにしたハイブリッドシステムを搭載して、価格は最も安い「G」が189万円(消費税は5%)に抑えられていた。

この時にあわてたのがトヨタだ。2009年5月に3代目「プリウス」の発売を控えていたため、その価格を急きょ見直したとされている。

3代目プリウスで最も価格の安い「L」は205万円、売れ筋の「S」が220万円であった。エンジン排気量は2代目の1.5リッターから1.8リッターへと拡大され、横滑り防止装置やサイド&カーテンエアバッグ、スマートエントリー&スタート、アルミホイールを全グレードに標準装備していたから相当に割安であった。

しかもこの時は、発売よりも1カ月以上も早い4月上旬に受注を開始した。取り扱いディーラーも、3代目ではトヨタカローラ店とネッツ店を加えて4系列全店としたため、受注が膨れ上がった。

結果として最長で10カ月にもおよぶ納車待ちになり、販売店では「パナソニックによる駆動用電池の供給が間に合わないもので」という言い訳まで聞かれた。ユーザーはトヨタからプリウスを買っているのだから、パナソニックは関係がないが、販売現場に尻ぬぐいをさせていた。

こんな具合だから、2010年3月におけるプリウスの登録台数は、併売していた2代目も含めると約3万5000台に達した。インサイトもこの時点では約5400台を登録したが、次第に下降していった。

決定的だったのは、2010年10月に「フィット」がインサイトと同じハイブリッドシステムを搭載したことだ。インサイトGは189万円、「フィットハイブリッド」は標準仕様が159万円で、充実装備の「スマートセレクション」でも172万円に収まっていた。

さらに、フィットは燃料タンクを前席の下に搭載して空間効率が優れていたから、後席の居住性と荷室容量は圧倒的に上回っていた。その結果、インサイトの売れ行きは急落した。

インサイトはプリウスではなく、身内のフィットハイブリッドに負け、日本を後にしたのだった。

2018年内に日本市場で発売されることが明らかになった新型「ホンダ・インサイト」。車両の概要はすでに公開されているが、気になる燃費性能や価格はベールに包まれたままだ。
2018年内に日本市場で発売されることが明らかになった新型「ホンダ・インサイト」。車両の概要はすでに公開されているが、気になる燃費性能や価格はベールに包まれたままだ。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る