【LAショー2018】マツダ、新型「アクセラ」を世界初公開

2018.11.08 自動車ニュース

マツダは2018年11月8日、ロサンゼルス自動車ショー(開催期間:2018年11月30日~12月9日)において、新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を世界初公開すると発表した。

新型マツダ3は、日本の美意識の本質を体現することを目指したという、深化した「魂動デザイン」を採用。新世代の車両構造技術である「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」や最新の「スカイアクティブエンジン」などを搭載する。

このほかマツダブースには、「マツダ6(日本名:アテンザ)」や「CX-9」「CX-5」「CX-3」「MX-5 RF(日本名:ロードスターRF)」などが展示される予定。

(webCG)

新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」
新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」拡大

関連キーワード:
アクセラスポーツ, マツダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.10.24 試乗記 日本が誇る孤高のショーファーカー、「トヨタ・センチュリー」の販売目標はわずか月販50台。よってステアリングを任される職業ドライバーの数も、極めて限られものになるであろう。そうしたレアなドライバーズシートに座って、走り……いや“運転”を、味わってみた。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース/EX・マスターピース【試乗記】 2018.11.10 試乗記 年間販売台数は実に70万台と、いまやすっかりホンダの世界戦略を担うモデルとなった「CR-V」。5代目となる新型の出来栄えを確かめるべく、ハイブリッド車とガソリン車に試乗。ホンダの言う“究極に普通なクルマ”の実力を試した。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
ホームへ戻る