「フィアット500 by Gucci」は260万円

2011.07.08 自動車ニュース

「500 by Gucci」は260万円

フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンは2011年7月8日、フィアットと「Gucci(グッチ)」のコラボレーションモデル「フィアット500 by Gucci」を発表した。発売は9月3日で、価格は260万円。300台の販売を予定している。また、続く10月にはオープンモデルの「500C by Gucci」も発売する。こちらの価格は294万円で、販売予定数は100台。

■300台の販売を予定

「500 by Gucci」とは、イタリア統一150周年と、グッチの創業90周年を記念して誕生した特別仕様のモデルだ。フィアットのチェントロ・スティーレ(デザインセンター)が、グッチのクリエイティブディレクターであるフリーダ・ジャンニーニ氏とパートナーを組んでデザインした。

白と黒のボディカラーが用意され、いずれの仕様でもグッチ独自の赤×緑のシグネチャーウェブストライプがぐるりと全周を取り囲む。その他、センターキャップにグッチのGGロゴが入ったホイール(195/45R16サイズ)、赤×緑のストライプがあしらわれたフラウレザーのツートンシート、同じくストライプ柄のシートベルトが装着されるなど、標準仕様とは一線を画する特別な仕立てとなっている。ハンドル位置は右で、エンジンは1.2リッター直4。これに“デュアロジック”5段ATを組み合わせている。

既報のとおり2011年6月7日から同30日まで、専用ウェブサイトでオンライン予約を行ったところ、101台の受注があったという。日本市場へは300台の導入を予定しているが、全世界では2011年と2012年の2年間にわたって販売を行っていく計画だ。

実車は7月8日から9月5日まで、東京・青山のフィアットカフェで展示される予定。

(webCG 竹下元太郎)

「フィアット500 by Gucci」
「フィアット500 by Gucci」 拡大
シートは、グッチ独自のストライプをあしらったフラウレザーのツートンタイプ。シートベルトもストライプになる。
シートは、グッチ独自のストライプをあしらったフラウレザーのツートンタイプ。シートベルトもストライプになる。 拡大

「フィアット500 by Gucci」は260万円の画像 拡大
テールゲートとBピラーには「Gucci」ロゴがあしらわれる。
テールゲートとBピラーには「Gucci」ロゴがあしらわれる。 拡大
発表会には多くの要人が駆けつけた。左からグッチ ジャパンのクリストフ・ドゥ・プゥス プレジデント&CEO、ヴィンチェンツォ・ペトローネ駐日イタリア大使、フィアット ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長、同じくフィアットのティツィアナ・アランプレセ カントリーマネージャー。
発表会には多くの要人が駆けつけた。左からグッチ ジャパンのクリストフ・ドゥ・プゥス プレジデント&CEO、ヴィンチェンツォ・ペトローネ駐日イタリア大使、フィアット ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長、同じくフィアットのティツィアナ・アランプレセ カントリーマネージャー。 
拡大

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • 第691回:【Movie】いきなり登録ナンバーワン! 新型「フィアット500」に乗ってみた 2021.1.28 マッキナ あらモーダ! かつてショールームの展示車を紹介したディーラーから、大矢アキオに「新型『フィアット500』の試乗車がご用意できました」という誘いがやってきた。電気自動車に生まれ変わった新型の走りっぷりをムービーでお届けする。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
ホームへ戻る