ジュネーブで発表された「アルファ・ロメオ4C」の限定車発売

2018.11.22 自動車ニュース
「アルファ・ロメオ4Cコンペティツィオーネ」
「アルファ・ロメオ4Cコンペティツィオーネ」拡大

FCAジャパンは2018年11月21日、アルファ・ロメオの2シーターミドシップスポーツ「4C」「4Cスパイダー」に、専用のボディーカラーや装備を採用した限定車「4Cコンペティツィオーネ」ならびに「4Cスパイダー イタリア」を設定し、予約受け付けを開始した。

「4Cスパイダー イタリア」
「4Cスパイダー イタリア」拡大
写真は「4Cコンペティツィオーネ」のインテリア。両モデルとも、スポーツレザーステアリングやレザー/アルカンターラシートなどを特別装備。シリアルナンバー入りのバッジも装着される。
写真は「4Cコンペティツィオーネ」のインテリア。両モデルとも、スポーツレザーステアリングやレザー/アルカンターラシートなどを特別装備。シリアルナンバー入りのバッジも装着される。拡大

両モデルは、2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された。4Cコンペティツィオーネは、専用フロントバンパーやカーボン製ルーフパネル、リアスポイラー、「ヴェスヴィオ・グレー・マット」の専用ボディーカラーを採用。4Cスパイダー イタリアは、ピアノブラック仕上げのエアインテークやリアディフューザー、「ミザーノ・ブルー・メタリック」の専用ボディーカラーを採用している。

インテリアでは、スポーツレザーステアリングやレザー/アルカンターラシート、レザーまたはアルミニウムの加飾パネルなどを採用。センターコンソールには、シリアルナンバー(連番)入りの専用バッジが付けられている。車両はイタリア・モデナの工場において手作りされ、両モデルとも左右どちらのハンドル位置も選択可能となっている。

価格と販売台数は以下の通り。

  • 4Cコンペティツィオーネ:1110万円(限定25台)
  • 4Cスパイダー イタリア:1110万円(限定15台)

(webCG)

関連キーワード:
4C, 4Cスパイダー, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ 4C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第571回:スイッチの押し心地も“新世代”に!?
    「マツダ3」に込められたマニアックすぎるこだわり
    2019.5.25 エディターから一言 いよいよ国内販売が始まった「マツダ3」。マツダの将来を占う新世代商品群のファーストモデルに込められた数々のこだわりポイントを、開発陣直々のレクチャーで学んだ。
  • 「アルピーヌA110」に黒と青の限定モデルが登場 2019.6.6 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンがミドシップスポーツカー「アルピーヌA110」に特別仕様車「ノワール」と「ブルーアビス」を発表した。車名にもなっている「ノワール プロフォン メタリック」「ブルーアビス メタリック」の2色の車体色が特徴で、ともに30台の限定販売となる。
  • マツダが「マツダ3」の国内販売をスタート 2019.5.24 自動車ニュース マツダは2019年5月24日、新型「MAZDA3(マツダ・スリー)」を発表し、同日から販売を開始した。デザイン面では「魂動デザイン」を新たなステージに進めたほか、技術面では「SKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジー」の深化により基本性能を高めている。
  • ジュネーブで発表された「アルファ・ロメオ4C」の限定車発売 2018.11.22 自動車ニュース FCAジャパンは2018年11月21日、アルファ・ロメオの2シーターミドシップスポーツ「4C」「4Cスパイダー」に、専用のボディーカラーや装備を採用した限定車「4Cコンペティツィオーネ」ならびに「4Cスパイダー イタリア」を設定し、予約受け付けを開始した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る