ジュネーブで発表された「アルファ・ロメオ4C」の限定車発売

2018.11.22 自動車ニュース
「アルファ・ロメオ4Cコンペティツィオーネ」
「アルファ・ロメオ4Cコンペティツィオーネ」拡大

FCAジャパンは2018年11月21日、アルファ・ロメオの2シーターミドシップスポーツ「4C」「4Cスパイダー」に、専用のボディーカラーや装備を採用した限定車「4Cコンペティツィオーネ」ならびに「4Cスパイダー イタリア」を設定し、予約受け付けを開始した。

「4Cスパイダー イタリア」
「4Cスパイダー イタリア」拡大
写真は「4Cコンペティツィオーネ」のインテリア。両モデルとも、スポーツレザーステアリングやレザー/アルカンターラシートなどを特別装備。シリアルナンバー入りのバッジも装着される。
写真は「4Cコンペティツィオーネ」のインテリア。両モデルとも、スポーツレザーステアリングやレザー/アルカンターラシートなどを特別装備。シリアルナンバー入りのバッジも装着される。拡大

両モデルは、2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された。4Cコンペティツィオーネは、専用フロントバンパーやカーボン製ルーフパネル、リアスポイラー、「ヴェスヴィオ・グレー・マット」の専用ボディーカラーを採用。4Cスパイダー イタリアは、ピアノブラック仕上げのエアインテークやリアディフューザー、「ミザーノ・ブルー・メタリック」の専用ボディーカラーを採用している。

インテリアでは、スポーツレザーステアリングやレザー/アルカンターラシート、レザーまたはアルミニウムの加飾パネルなどを採用。センターコンソールには、シリアルナンバー(連番)入りの専用バッジが付けられている。車両はイタリア・モデナの工場において手作りされ、両モデルとも左右どちらのハンドル位置も選択可能となっている。

価格と販売台数は以下の通り。

  • 4Cコンペティツィオーネ:1110万円(限定25台)
  • 4Cスパイダー イタリア:1110万円(限定15台)

(webCG)

関連キーワード:
4C, 4Cスパイダー, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ 4C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • FCAジャパンが2020年の販売実績を発表 ジープブランドがさらに伸長 2021.1.14 自動車ニュース FCAジャパンは2021年1月14日、オンライン記者発表会を実施し、2020年を振り返るとともに、2021年の見通しについて説明した。2020年は前年とほぼ同水準となる2万4185台を販売し、同社の設立以来最高となる、輸入車市場における通期シェア9.3%を獲得している。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
ホームへ戻る