「アルファ・ロメオ4C」が2020年内に生産終了 最終オーダーの受け付けがスタート

2020.04.09 自動車ニュース
「アルファ・ロメオ4C」(左)と「4Cスパイダー」(右)。
「アルファ・ロメオ4C」(左)と「4Cスパイダー」(右)。拡大

FCAジャパンは2020年4月9日、「アルファ・ロメオ4C/4Cスパイダー」の日本における最終受注の受け付けを開始した。

4Cスパイダー ファイナルエディション(仮称)
4Cスパイダー ファイナルエディション(仮称)拡大

4Cは2014年に発売されたアルファ・ロメオのミドシップスポーツカーであり、4Cスパイダーはそのオープントップモデルにあたる。今回の最終受注開始は、同車が2020年内に生産終了となることに伴うもので、受付期間は2020年4月30日までとなっている。

また同社は、4C/4Cスパイダーの生産終了を受けて限定モデル「4Cファイナルエディション」「4Cスパイダー ファイナルエディション」(いずれも仮称)を2020年末ごろに発売することも発表。販売台数は計50台で、詳細は後日アルファ・ロメオ公式サイトで公表するとしている。

(webCG)

関連キーワード:
4C, 4Cスパイダー, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース