「ダイハツ・タント」に充実装備の特別仕様車が登場

2018.12.03 自動車ニュース
ダイハツ・タントX“VS SA III”
ダイハツ・タントX“VS SA III”拡大

ダイハツ工業は2018年12月3日、軽トールワゴン「タント」に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、販売を開始した。

LEDヘッドランプ
LEDヘッドランプ拡大
「タントX“VS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「タントX“VS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「タントX“VS SA III”」のシート。
「タントX“VS SA III”」のシート。拡大
タント カスタムX“トップエディションVS SA III”
タント カスタムX“トップエディションVS SA III”拡大
フロントグリルLEDイルミネーション
フロントグリルLEDイルミネーション拡大
「タント カスタムX“トップエディションVS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「タント カスタムX“トップエディションVS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「タント カスタムX“トップエディションVS SA III”」のシート
「タント カスタムX“トップエディションVS SA III”」のシート拡大
タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”
タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”拡大
「タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。
「タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”」のシート。
「タント カスタムRS“トップエディションVS SA III”」のシート。拡大

今回の特別仕様車は、「X“VS SA III”」「カスタムX“トップエディションVS SA III”」「カスタムRS“トップエディションVS SA III”」の3モデルで、いずれも内外装の特別装備や右側パワースライドドアなどの採用が特徴となっている。

具体的な仕様は以下の通り。

【X“VS SA III”】
「X“SA III”」をベースに以下の装備を採用。

  • ブラックインテリアパック(ブラックインテリア<シート表皮[フルファブリック]/インストゥルメントパネル/ドアトリム>+メッキエアコンレジスターノブ+エアコンセンターレジスターリング<シルバー加飾付き>+メッキインナードアハンドル<運転席/助手席>+SRSサイドエアバッグ<運転席/助手席>)
  • プレミアムシャインブラックセンタークラスター(シャドウフロー柄)
  • 自発光式大型3眼センターメーター(タコメーター付き)
  • プレミアムシャインブラック&ファブリックドアアームレスト(運転席/助手席)
  • 14インチアルミホイール(VS専用)
  • LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベリング機能付き)
  • 右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能、予約ロック機能付き)
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

【カスタムX“トップエディションVS SA III”】
「カスタムX“トップエディションSA III”」をベースに以下の装備を採用。

  • フロントグリルLEDイルミネーション(ホワイト)
  • 右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能、予約ロック機能付き)
  • パノラマモニター対応カメラ

【カスタムRS“トップエディションVS SA III”】
「カスタムRS“トップエディションSA III”」をベースに以下の装備を採用。

  • フロントグリルLEDイルミネーション(ホワイト)
  • 15インチアルミホイール(VS専用)
  • パノラマモニター対応カメラ

このほかにも、ボディーカラーには3モデルともに「レーザーブルークリスタルシャイン」をオプション設定している。

価格は以下の通り。

  • X“VS SA III”(FF):148万5000円
  • X“VS SA III”(4WD):160万9200円
  • カスタムX“トップエディションVS SA III”(FF):163万0800円
  • カスタムX“トップエディションVS SA III”(4WD):175万5000円
  • カスタムRS“トップエディションVS SA III”(FF):169万5600円
  • カスタムRS“トップエディションVS SA III”(4WD):181万9800円

(webCG)

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に2タイプの特別仕様車 2019.4.22 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年4月22日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に特別仕様車「ホワイトアクセントリミテッドSAIII」および「ブラックアクセントリミテッドSAIII」を設定し、販売を開始した。
  • スズキが「ハスラー」の特別仕様車「Jスタイル」を発売 専用装備で内外装をドレスアップ 2020.11.17 自動車ニュース スズキは2020年11月17日、軽クロスオーバー「ハスラー」の特別仕様車「Jスタイル」を発売した。ルーフレールやメッキフロントグリル、フロントフードエンブレム、ブラウン&ダークブルーのコンビ表皮シートなどを特別装備する。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)/タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.3 試乗記 スズキの1強状態が続いていた軽クロスオーバーSUV市場に、ダイハツが送り込んだニューモデル「タフト」。ライバルとは異なるアプローチをとり、独自のキャラクターを確立したこのクルマは、マーケットに一石を投じる存在となるか?
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
ホームへ戻る