ダイハツ、後付けのペダル踏み間違え急発進抑制安全装置を発売

2018.12.05 自動車ニュース
「つくつく防止」の対応車種第1弾となった2代目ダイハツ「タント」(L375型/L385型)。
「つくつく防止」の対応車種第1弾となった2代目ダイハツ「タント」(L375型/L385型)。拡大

ダイハツ工業は2018年12月5日、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付け安全装置「つくつく防止」の販売を開始した。

「つくつく防止」のロゴ。
「つくつく防止」のロゴ。拡大
「つくつく防止」の作動イメージ。
「つくつく防止」の作動イメージ。拡大

このつくつく防止は、後付けでソナーセンサーやコントローラー、インジケーター等を装着することで、誤操作による重大事故を減少させるという目的で開発されたもの。すでに使用している車両に対して装備できるのが最大のメリットといえる。

ダイハツは2012年に軽自動車で初めて、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を導入し、現在は第3世代となる「スマートアシストIII」にまで発展している。徐々に搭載車種の拡大を行い累計販売台数200万台を超えているが、今も使用されているダイハツ車の約8割はスマートアシスト非搭載車であるという。

つくつく防止では、車両前後に取り付けたセンサーが前後方3m以内にある障害物を検知し、ドライバーがアクセルを強く速く踏み込んだ場合に、システムが「ペダルの踏み間違い」と判断。室内に取り付けたインジケーターとブザーによって警告を行うとともに、コントローラーが燃料供給をカットしエンジンの出力を絞り、急発進を抑制する仕組みになっている。同時にソナーセンサーで前後の死角にある障害物を検知し警告する「パーキングセンサー機能」も備えている。

2007年12月に販売を開始した2代目「タント」(L375型/L385型)を対応車種第1弾とし、順次対応車種を増やしていくという。

価格は、3万4560円。標準取り付け費込みの場合は5万9508円となる。

(webCG)

関連キーワード:
タント, ダイハツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • ダイハツ・ミラ トコットG“SA III”(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.27 試乗記 ダイハツから新型軽自動車「ミラ トコット」が登場。従来の女性向けモデルのあり方を問い直し、徹底してシンプルさを追求したというそのカタチは、クルマ好きにどう映るのか? 自らを“オッさん”と称する筆者が、その魅力を探った。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る