WRC 2018シーズンを総括
復帰2年目で頂点に立ったトヨタ快進撃の秘密

2018.12.07 デイリーコラム

ラリー復帰2年目での快挙

正確に記すと2018年のWRC(FIA世界ラリー選手権)で「TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team」がマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。

WRCにはもうひとつ、ドライバーズタイトルというのも存在して、これはフォードに乗るセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシアが獲得したので完全制覇というわけではない。「ヤリスWRC」を駆ったオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤが、3連続優勝という華やかな活躍を見せて最後までタイトル争いに加わったが、結局3位に落ち着いた。

ラリー復帰2年目のチームがここまでのパフォーマンスを見せるとは、誰も想像していなかったのではないだろうか? あと少しでマニファクチャラーズだけでなくドライバーズタイトルさえも取りそうな勢いだったのだ。

ヤリスWRCの開発も順調に進んでいたのだろうが、個人的には快進撃の原動力は今シーズンのドライバーラインナップだと思う。

ヤリ-マティ・ラトバラというエースドライバーと新加入でエースドライバーの座を脅かすほどのスピードを見せたタナック、そして優勝争いにも加われる若手のエサペッカ・ラッピという布陣は、すべてのワークスチームの中で最も豪華に見える。

2018年の第13戦ラリー・オーストラリアでヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC 7号車)が優勝、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(9号車)が総合4位でフィニッシュ。その結果、「TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team」は、同年のWRC(FIA世界ラリー選手権)でマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。
2018年の第13戦ラリー・オーストラリアでヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC 7号車)が優勝、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(9号車)が総合4位でフィニッシュ。その結果、「TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team」は、同年のWRC(FIA世界ラリー選手権)でマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。拡大
見事優勝を成し遂げた「TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team」のヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組のヤリスWRC7号車。SS20でトップに立ち、その後のSSでベストタイムを連発し、最後までトップを譲らなかった。
見事優勝を成し遂げた「TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team」のヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組のヤリスWRC7号車。SS20でトップに立ち、その後のSSでベストタイムを連発し、最後までトップを譲らなかった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事