日産が「GT-R50 by Italdesign」の受注を開始

2018.12.07 自動車ニュース
日産から発表された「GT-R50 by Italdesign」の市販モデルデザイン。
日産から発表された「GT-R50 by Italdesign」の市販モデルデザイン。拡大

日産自動車は2018年12月7日、「日産GT-R50 by Italdesign」の市販モデルのデザインを公開し、あわせて同車の受注を開始した。生産台数はすでに発表されているように50台の限定となり、2019年から2020年にかけて納車する。

ベースは「GT-R NISMO」。フロントに搭載される3.8リッターV6ツインターボエンジンは、ベースモデルから120psと128Nm上乗せされた最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生する。
ベースは「GT-R NISMO」。フロントに搭載される3.8リッターV6ツインターボエンジンは、ベースモデルから120psと128Nm上乗せされた最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生する。拡大
「GT-R50 by Italdesign」の内外装のデザインは、日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当。開発と設計、製造はイタルデザインが担当している。
「GT-R50 by Italdesign」の内外装のデザインは、日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当。開発と設計、製造はイタルデザインが担当している。拡大

GT-R50 by Italdesignは、日産「GT-R」は2019年に、イタルデザインが2018年に生誕50周年を迎えることを記念し、「GT-R NISMO」をベースに共同開発されたモデル。開発と設計、製造はイタルデザインが、内外装のデザインは日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当した。

プロトタイプモデルのボディーカラーは特別なグレー塗装仕上げにゴールドのアクセントが用いられていたが、実際の限定生産モデルではボディーカラーのほか、インテリアカラーもユーザーが好みの色を選択することができる。価格は90万ユーロ(約1億1700万円)からとなり、この金額にオプションは含まれていない。

(webCG)

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車 2019.4.17 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。
  • メルセデス・ベンツS560eロング(FR/9AT)【試乗記】 2019.4.25 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」のプラグインハイブリッド車が大幅改良を受け、名前も新たに「S560eロング」となって登場。EV性能を大幅に向上させた“電気でも走れるSクラス”の姿に、時代を経ても変わらない最上級メルセデスの姿を見た。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
ホームへ戻る