第540回:「デリカD:5」の過剰な走行性能が復活の兆し!?
三菱の未来がかかる新たな研究開発設備を見学

2018.12.11 エディターから一言
 
第540回:「デリカD:5」の過剰な走行性能が復活の兆し!?三菱の未来がかかる新たな研究開発設備を見学の画像拡大

愛知県岡崎市にある、三菱自動車の開発・生産拠点。総面積100万平方メートルにもおよぶこの“地域”に2018年秋、新たなオフィスビルと環境試験棟の2棟が完成した。三菱の将来を託されたこれらの施設が報道陣向けにお披露目されたので、その様子をリポートする。

地上8階建てとなる新たなオフィスビルには、最大で2000人が入居可能なオフィスエリアや1800人を収容可能な大食堂がある。
地上8階建てとなる新たなオフィスビルには、最大で2000人が入居可能なオフィスエリアや1800人を収容可能な大食堂がある。拡大
新たなオフィスビルのエントランスには、インドネシアで人気爆発中のミニバン「エクスパンダー」(日本未導入)が展示されていた。
新たなオフィスビルのエントランスには、インドネシアで人気爆発中のミニバン「エクスパンダー」(日本未導入)が展示されていた。拡大
オフィスエリアの様子。カーリフトによってフロアにクルマを持ち込むことが可能で、実車に触れながら開発を進めることができるのだ。
オフィスエリアの様子。カーリフトによってフロアにクルマを持ち込むことが可能で、実車に触れながら開発を進めることができるのだ。拡大
オフィスフロア全体が柱のない構造となっているため、ひとりで集中して作業するための写真のようなスペースが用意されている。
オフィスフロア全体が柱のない構造となっているため、ひとりで集中して作業するための写真のようなスペースが用意されている。拡大

こだわりの吹き抜け

2018年10月1日現在、三菱では全世界で約5500人が働いているそうだが、今後10年間で2~3割の増員を図るという。ご存じの通り三菱は近年、あまり誇れないような話題で身の回りが騒がしく、定常的なクルマの開発をしていない時期もあった。しかし、それではジリ貧になってしまうために人員拡大を決定したそうで、そのための新施設建造である。ちなみに着工は2017年6月だが、日産傘下になって資金的な余裕ができたから建てちゃえということではなく、プラン自体はもっと前から存在していたそうだ。

まずはオフィスビルを見学する。地上8階建てとなるこちらには、約2000人が入居可能なオフィスエリア以外に、1800人を収容可能な大食堂や大きな会議室、屋上庭園といった施設が存在する。宗派を問わずに利用できる祈祷室が用意されているというのも今どき感がある。

多くの人々が働いているオフィスエリアに案内してもらうと、フロアの端から端まで見通せる、柱のない構造がすてきだ。建物の中央は大きな吹き抜けとなっており、筆者が渡辺篤史であったなら「これがこだわりの吹き抜けですね」と、つい言ってしまうだろう。そう、実際、この吹き抜けにはこだわりが詰まっている。もちろん、吹き抜け本来の機能である自然の力による換気もこだわりのひとつなのだが、実はこの吹き抜けには階段が設置されており、上下のフロアへの移動が容易にできるようになっている。三菱の社内調査によれば、社内の誰かと連絡を取りたいと考えたとき、同一フロアであれば9割以上の従業員が対面コミュニケーションを選ぶのだが、同じ建物内であってもフロアが違うだけでその割合が3割程度になってしまうのだそうだ(7割はメールや電話)。このほかにも100人規模で集まれる多目的スペースを用意するなど、とにかくコミュニケーションを重視した構造となっており、いろいろな意味で“風通し”が良くなっている。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る