ボルボのセダンはこれからどうなる?
アメリカでの展開について考える

2018.12.14 デイリーコラム

大フォード撤退の一方で

世界の自動車デザインの潮流が、今やセダンからSUVへと移りつつあるというのは、あらためて述べるまでもない事柄である。販売の内訳を精査すると、「SUVの比率が急速に高まりつつある」というのも、昨今ではさまざまなブランドが異口同音に述べているフレーズだ。

実際、2018年春の決算発表の場で、歴史あるスポーツモデルである「マスタング」など一部の例外を除いて、「米国での乗用車販売を打ち切る」と衝撃的な発表を行ったフォードなど、合理化や収益向上を狙ってかなり急進的な動きを見せるブランドも現れている。

ちなみにアメリカでは、いわゆるSUVやミニバンは“ライトトラック”のカテゴリーに属する。“乗用車”といえばセダンやステーションワゴンがその主役で、すでにステーションワゴンのマーケットが消滅して久しい状況のかの地では、すなわち「フォードが北米市場でセダン販売から撤退する」と、かように報じられているわけだ。

一方、セダンの人気は下降線をたどりつつあるといっても、日本市場のような壊滅的な地域と比べればまだまだ大きな市場と表現できるのが、アメリカのセダンマーケットである。「トヨタ・カムリ」と「ホンダ・アコード」という日本発のセダン同士が長年にわたって、アメリカで乗用車のトップシェアをめぐる熾烈(しれつ)な戦いを続けているというのも、多くの人に知られていることである。

そんなカムリやアコード、さらには新型「ホンダ・シビック」というセダンを、少数のユーザーしか存在しない今の日本で選ぶことができるのは結果的に、現在でも多くの数が販売され続けているアメリカのセダンマーケットがあればこそといっても過言ではないはず。とはいえ、そうした中で「ボルボが新型『S60』の生産を、アメリカのサウスカロライナ州チャールストンに完成したばかりの工場で行う」というのは、驚きのニュースだった。

2018年6月にデビューした新型「ボルボS60」。2000年に登場した初代から数えて3代目にあたる。
2018年6月にデビューした新型「ボルボS60」。2000年に登場した初代から数えて3代目にあたる。拡大
ボルボが初めてアメリカ国内に建設した新工場。サウスカロライナ州のチャールストン郊外に位置する。
ボルボが初めてアメリカ国内に建設した新工場。サウスカロライナ州のチャールストン郊外に位置する。拡大
アメリカの新工場内で生産される「S60」。エンジンはスウェーデンの工場から輸入され、その他のパーツの多くはアメリカ国内で調達される。
アメリカの新工場内で生産される「S60」。エンジンはスウェーデンの工場から輸入され、その他のパーツの多くはアメリカ国内で調達される。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • ボルボXC90 D5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.31 試乗記 2019年に全ラインナップを新世代に移行させたボルボだが、攻勢の手を緩めるつもりはないようだ。プレミアムブランドとしてのボルボの“元祖”である「XC90」が初のビッグマイナーチェンジを受けた。箱根の山中でその進化の度合いを探った。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • 1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場 2020.3.12 自動車ニュース 1980年代に発売されたAE86型「スプリンター トレノ」の限定車をイメージ。トヨタのFRスポーツカー「86(ハチロク)」に、特別仕立ての内外装や足まわりを特徴とする「86 GT“ブラックリミテッド”」が設定された。
ホームへ戻る