専用ボディーカラーも 特別仕様車「ホンダ・グレイス ブラックスタイル」発売

2018.12.13 自動車ニュース
ホンダ・グレイス ハイブリッドEX・Honda SENSINGブラックスタイル
ホンダ・グレイス ハイブリッドEX・Honda SENSINGブラックスタイル拡大

本田技研工業は2018年12月13日、コンパクトセダン「グレイス」に特別仕様車「ブラックスタイル」を設定し、同年12月14日に発売すると発表した。

 
専用ボディーカラーも 特別仕様車「ホンダ・グレイス ブラックスタイル」発売の画像拡大
 
専用ボディーカラーも 特別仕様車「ホンダ・グレイス ブラックスタイル」発売の画像拡大
 
専用ボディーカラーも 特別仕様車「ホンダ・グレイス ブラックスタイル」発売の画像拡大
 
専用ボディーカラーも 特別仕様車「ホンダ・グレイス ブラックスタイル」発売の画像拡大

今回のブラックスタイルは、専用の内外装装備によって、若々しくスポーティーなスタイルを表現したとうたわれる特別仕様車である。「ハイブリッドLX・Honda SENSING」と「ハイブリッドEX・Honda SENSING」の2グレードに設定される。

エクステリアでは、フロントグリルやヘッドライトガーニッシュなどにダーククロームメッキを採用。ボディーカラーは専用色の「スーパープラチナグレーメタリック」など、全5色展開となる。

インテリアでは、グレーステッチを施した専用ファブリックシートや本革巻きステアリングホイールを装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

【エクステリア】

  • フロントグリル(ダーククロームメッキ)
  • ヘッドライトガーニッシュ(ダーククロームメッキ)
  • アウタードアハンドル(ダーククロームメッキ)
  • リアライセンスガーニッシュ(ダーククロームメッキ)
  • LEDリアコンビネーションランプ(スモークタイプ)
  • 15インチアルミホイール+スチールラジアルタイヤ

【インテリア】

  • 専用グレーステッチファブリックシート&インテリア
  • 専用グレーステッチ本革巻きステアリングホイール(ハイブリッドLX・Honda SENSINGの場合はスムースレザー+ユーロステッチ仕立て)

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ハイブリッドLX・Honda SENSINGブラックスタイル:229万6080円(FF車)/251万2080円(4WD車)
  • ハイブリッドEX・Honda SENSINGブラックスタイル:238万5720円(FF車)/260万1720円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
グレイス, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ホンダ・グレイス モデューロパーツ装着車」フォトギャラリー 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> フォーマルな雰囲気のコンパクトセダンに、上質なスポーティー感をプラス。ホンダの純正アクセサリーブランドである「Modulo(モデューロ)」の用品が装備された「ホンダ・グレイス」のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • 専用ボディーカラーも 特別仕様車「ホンダ・グレイス ブラックスタイル」発売 2018.12.13 自動車ニュース 本田技研工業は2018年12月13日、コンパクトセダン「グレイス」に特別仕様車「ブラックスタイル」を設定し、同年12月14日に発売すると発表した。ブラックを強調した内外装装備によって、若々しくスポーティーなスタイルを表現している。
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.1.30 試乗記 ホンダ久々の5ナンバーセダンにして、ハイブリッド専用車の「グレイス」。ホンダが主張するとおり、「フィット」よりいでて「アコード」の価値を提供するコンパクトセダンに仕上がっているのだろうか。FFの最上級グレードに試乗した。
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.15 試乗記 ホンダから久しぶりに5ナンバーサイズのセダンが登場した。「グレイス」の売りは、手ごろなサイズのボディーでありながら、アッパーミドルクラス並みの居住性が備わること。また、ハイブリッドパワーユニットを搭載し、34.4km/リッターという低燃費を実現したのも自慢だ。最上級の「HYBRID EX」グレードに試乗し、その「セダン力」を探った。
ホームへ戻る