【東京オートサロン2019】マツダが新型「マツダ3」を国内初公開

2018.12.18 自動車ニュース
「マツダ3ハッチバック」北米仕様車の用品装着車。国内では初公開となる。
「マツダ3ハッチバック」北米仕様車の用品装着車。国内では初公開となる。拡大

マツダは東京オートサロン2019(開催期間:2019年1月11日~13日)において、新型「マツダ3」(北米仕様車)の用品装着車を日本国内で初公開する。

マツダ3セダン
マツダ3セダン拡大

今年の出展テーマは、「Be a driver. ~マツダの新時代の始まり~」。新型マツダ3の用品装着車3台のほかに、最新の「CX-8」「CX-5」「ロードスター」をベースにした用品装着車を出展する。

さらに、2018年11月に米国で開催された「2018 Global Mazda MX-5 Cup Challenge」(世界一決定戦)に日本代表として参戦した2台のマシンも展示される。

このほかブース内では、新型マツダ3の開発スタッフやデザイナーによる限定セッション(マツダのオフィシャルサイトからの申し込みによる事前抽選制)やMX-5 Cupのレーシングドライバーのトークショーなどが開催される予定だ。

出展予定車のラインナップは以下の通り。

  • 新型マツダ3セダン/マツダ3ハッチバック(北米仕様ベース)
  • 新型マツダ3カスタムスタイル(北米仕様ベース)
  • マツダCX-8カスタムスタイル2019
  • マツダCX-5カスタムスタイル2019
  • マツダ・ロードスター ドロップヘッドクーペ コンセプト
  • マツダ・ロードスター2018 Global Mazda MX-5 Cup Challengeに参戦した日本チーム車両2台(国内シリーズ戦仕様)

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3ファストバック, マツダ3セダン, マツダ, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

マツダ マツダ3ファストバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
ホームへ戻る