ホンダ、「ステップワゴン モデューロX」のハイブリッドモデルを発売

2018.12.20 自動車ニュース
ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING
ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING拡大

本田技研工業は2018年12月20日、ミニバン「ステップワゴン」をベースとしたコンプリートカー「ステップワゴン モデューロX」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

ハイブリッド車に採用される専用17インチアルミホイール。
ハイブリッド車に採用される専用17インチアルミホイール。拡大
リアまわりでは、専用リアロワディフューザーや専用リアエンブレム(ダーククロームメッキ)などを採用している。
リアまわりでは、専用リアロワディフューザーや専用リアエンブレム(ダーククロームメッキ)などを採用している。拡大
「ステップワゴン モデューロX」が採用する専用サスペンション。
「ステップワゴン モデューロX」が採用する専用サスペンション。拡大
インテリアはブラックとシルバーを基調としたカラーリングで仕立て、専用ステアリングホイール、専用インパネミドルパッドを採用している。
インテリアはブラックとシルバーを基調としたカラーリングで仕立て、専用ステアリングホイール、専用インパネミドルパッドを採用している。拡大
「ステップワゴン モデューロX」に採用される専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)。
「ステップワゴン モデューロX」に採用される専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)。拡大

「モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを、生産過程で装着して販売するコンプリートカーである。

今回のマイナーチェンジでは、従来のガソリン車に加えて、新たにハイブリッド車を設定。ベースモデルはガソリン車が「スパーダ Honda SENSING」、ハイブリッド車が「ハイブリッドG・EX Honda SENSING」となる。

エクステリアは「ダイナミック&スポーティー」をコンセプトにデザインを一新。専用フロントグリルや専用エアロバンパー、灯体の意匠を変更したほか、リアまわりでは従来の専用テールゲートスポイラーと専用エンブレムを踏襲しながら、リアコーナーガーニッシュをボディーと同色化することで、スポーティーさを強調している。

インテリアはブラックとシルバーを基調に、専用ステアリングホイールと専用インパネミドルパッドを採用。スポーティーさの中で上質さも表現した。

走行性能については、ミニバンに最適な剛性を追求したというアルミホイールに加え、専用サスペンションと空力特性を考慮したエアロバンパーを装着して実走テストを繰り返し、セッティングを熟成。ミニバン特有の外乱に対応し、乗り心地や高速走行時の直進性を追求することで、同乗者にも快適な質の高い移動空間を目指した。

専用装備の内容は以下の通り。

【エクステリア】

  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントエアロバンパー
  • 専用サスペンション
  • 16インチアルミホイール<ハイブリッド車>
  • 専用17インチアルミホイール(ダーククリア塗装)<ガソリン車>
  • ブラックホイールナット
  • 専用テールゲートスポイラー
  • 専用リアコンビネーションランプ
  • 専用フロントビームライト
  • 専用ドアミラー
  • 専用アウタードアハンドル(ダーククロームメッキ)
  • 専用エンジンアンダーカバー
  • 専用リアロワディフューザー
  • 専用リアエンブレム(ダーククロームメッキ)
  • リアコーナーガーニッシュ(ボディー同色)

【インテリア】

  • 専用インパネミドルパッド(ピアノブラック調+シルバーモールディング)
  • 専用本革巻きステアリングホイール
  • 専用本革巻きセレクトレバー<ガソリン車>
  • 専用ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ/Modulo Xロゴ入り)
  • 専用フロアカーペットマット
  • ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)

ラインナップと価格は以下の通り。

  • モデューロX Honda SENSING(7人乗り):351万円
  • モデューロX Honda SENSING(8人乗り):353万1600円
  • ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(7人乗り):399万6000円

(webCG)

関連キーワード:
ステップワゴン, ステップワゴンスパーダ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ ステップワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ/ソリオ バンディット ハイブリッドMV【試乗記】 2020.12.24 試乗記 5ナンバー規格に収まるフットプリントと背高ボディーで人気の「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジ。コンパクトさと広さの両立を求められる日本ならではのファミリーカー、その最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2019.3.13 試乗記 雪を求めて三千里!? 「ホンダ・ステップワゴン」のコンプリートカー「モデューロX」に乗りに、冬の北海道へ。“チューニングカー”を走らせるには場違いにも思える、雪道での試乗を通して分かったことは? 手間ヒマ掛かったクルマならではの、走りの魅力を報告する。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る