新デザインの「トヨタ・プリウス」
マイナーチェンジで巻き返しなるか!?

2018.12.21 デイリーコラム

ベストセラーは責任重大

2018年12月17日、マイナーチェンジされた新しい「トヨタ・プリウス」が発売された。今回の改良ポイントは主に3つ。グリルやライトなどを中心としたエクステリアデザインの変更。専用通信機器DCMの標準装備。そして運転支援システムであるToyota Safety Senseの標準化だ。つまり、外観、コネクテッド、安全機能に手が入れられている。

もちろんその目的は、プリウスの国内販売のテコ入れだ。現在のところ、プリウスの売れ行きは、決して芳しいとはいえない。日本自動車販売協会連合会(通称:自販連)の「乗用車ブランド通称名別順位」を見ると、2018年1~6月のプリウスのセールスは「日産ノート」「トヨタ・アクア」に続く3位。同年4~9月で見ても、1~11月でも同じ順位となる。そもそも2018年になってから月間でプリウスが1位になった月がないのだ。上位にあるとはいえ、過去10年で6回も年間1位に輝いているプリウスが、2011年、つまり7年も前に発売されたアクアにさえ販売台数で抜かれているのは非常事態だ。そんな難局を打開する! それが今回のマイナーチェンジの目指すところといっていいだろう。

現行モデルで最大の弱点は、筆者がこれまで「素晴らしい」「かっこいい」という言葉を誰からも聞いたことのない、そのルックスにあるといえるだろう。特に、アグレッシブで先鋭性をアピールするヘッドライト周りのデザインは、明らかにやりすぎだった。それが今回のマイナーチェンジで、もう少し洗練されたオーソドックスなものになっている。注目のコネクテッド機能を標準装備として、カーライフに役立つ情報を提供する「T-Connectサービス」を3年間無料で提供するというのも太っ腹。今回のマイナーチェンジにかけるトヨタの意気込みが感じられる。

ルックスも良くなったし、注目の機能も盛り込んだ。商品力は相当高まったはずだ。では、これでプリウスの未来はバラ色になるのか?

2015年12月のデビューから3年を経てマイナーチェンジされた「トヨタ・プリウス」。内外装のデザインが改められたほか、通信機能と安全性能の向上が図られた。
2015年12月のデビューから3年を経てマイナーチェンジされた「トヨタ・プリウス」。内外装のデザインが改められたほか、通信機能と安全性能の向上が図られた。拡大
フロントまわりはヘッドランプやグリルのエッジが切り詰められ、端正な顔立ちに。トヨタのオフィシャルサイトには「親しみやすい表情」という言葉が並ぶ。
フロントまわりはヘッドランプやグリルのエッジが切り詰められ、端正な顔立ちに。トヨタのオフィシャルサイトには「親しみやすい表情」という言葉が並ぶ。拡大
インテリアのデザインも変更され、「プリウスPHV」と同様の縦型ディスプレイが選べるようになった。
インテリアのデザインも変更され、「プリウスPHV」と同様の縦型ディスプレイが選べるようになった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • 第178回:涙が出るぜ! 不幸のポルシェ 2020.6.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第178回は「涙が出るぜ! 不幸のポルシェ」。なぜか愛車が壊れまくってしまう、不運な軍事マニアの実話。動かなくなったポルシェを大事に持っているのはなぜ? 男として、クルマ好きとして譲れない事情とは?
  • 第174回:第一印象は毒虫 2020.5.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第174回は「第一印象は毒虫」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」のデザインを斬る! 果たして、傑作か駄作か? 愛車の「シトロエンDS3」との比較で明らかになった、衝撃の事実をリポート。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
ホームへ戻る