5段MT搭載の限定車「フィアット500Sマヌアーレ」発売

2018.12.21 自動車ニュース
フィアット500Sマヌアーレ
フィアット500Sマヌアーレ拡大

FCAジャパンは2018年12月19日、コンパクトカー「フィアット500」をベースとした「500S Manuale(マヌアーレ)」を設定し、100台の限定で2019年1月21日に発売すると発表した。

「フィアット500Sマヌアーレ」は100台の台数限定販売モデルとなる。価格は241万円。
「フィアット500Sマヌアーレ」は100台の台数限定販売モデルとなる。価格は241万円。拡大
Dシェイプのレザーステアリングホイールや、シフトノブなどが「500Sマヌアーレ」の専用装備となる。
Dシェイプのレザーステアリングホイールや、シフトノブなどが「500Sマヌアーレ」の専用装備となる。拡大
「500Sマヌアーレ」では、専用デザインのファブリックシートが採用されている。
「500Sマヌアーレ」では、専用デザインのファブリックシートが採用されている。拡大
最高出力85psの「ツインエア」に5段MTを組み合わせている。
最高出力85psの「ツインエア」に5段MTを組み合わせている。拡大
15インチの5ダブルスポークアルミホイール+185/55R15タイヤを装備。
15インチの5ダブルスポークアルミホイール+185/55R15タイヤを装備。拡大

500Sマヌアーレは、最高出力85psを発生する0.9リッターの2気筒「ツインエア」エンジンに、5段MTを組み合わせたモデルである。同エンジンを搭載する500シリーズの現行ラインナップは、全車2ペダル仕様のATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を採用しており、FCAジャパンは、スポーティーなモデルに仕上がっているとアピールする。車名のマヌアーレは、イタリア語で“自ら操る”を意味するという。

エクステリアでは、スポーティーな印象をもたらすデザインのバンパーを車体前後に採用したほか、サイドスカートやリアルーフスポイラーも装備する。サテングレー仕上げのエクステリアパーツやクローム仕上げのエキゾーストパイプフィニッシャー、ダークグレー色のアルミホイールなども採用している。ボディーカラーは専用のポンペイグレーとなる。

インテリアは、レザースポークステアリングホイールや、専用シフトノブ、専用デザインのシート表皮を採用したファブリックシートなどが特徴だ。

これらを含む、500Sマヌアーレの主な装備は下記の通り。

  • 15インチ5ダブルスポークアルミホイール+185/55R15タイヤ
  • 500S専用フロント/リアバンパー
  • 500S専用サイドスカート
  • リアルーフスポイラー
  • サテングレー仕上げアクセントライン
  • サテングレー仕上げドアハンドル
  • サテングレー仕上げテールゲートハンドル
  • クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャー
  • 500S専用デザインファブリックシート
  • 専用インストゥルメントパネル
  • レザースポーツステアリングホイール(オーディオ/ハンズフリーコントローラー付き)
  • 500S専用シフトノブ

価格は241万円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
ホームへ戻る