5段MT搭載の限定車「フィアット500Sマヌアーレ」発売

2018.12.21 自動車ニュース
フィアット500Sマヌアーレ
フィアット500Sマヌアーレ拡大

FCAジャパンは2018年12月19日、コンパクトカー「フィアット500」をベースとした「500S Manuale(マヌアーレ)」を設定し、100台の限定で2019年1月21日に発売すると発表した。

「フィアット500Sマヌアーレ」は100台の台数限定販売モデルとなる。価格は241万円。
「フィアット500Sマヌアーレ」は100台の台数限定販売モデルとなる。価格は241万円。拡大
Dシェイプのレザーステアリングホイールや、シフトノブなどが「500Sマヌアーレ」の専用装備となる。
Dシェイプのレザーステアリングホイールや、シフトノブなどが「500Sマヌアーレ」の専用装備となる。拡大
「500Sマヌアーレ」では、専用デザインのファブリックシートが採用されている。
「500Sマヌアーレ」では、専用デザインのファブリックシートが採用されている。拡大
最高出力85psの「ツインエア」に5段MTを組み合わせている。
最高出力85psの「ツインエア」に5段MTを組み合わせている。拡大
15インチの5ダブルスポークアルミホイール+185/55R15タイヤを装備。
15インチの5ダブルスポークアルミホイール+185/55R15タイヤを装備。拡大

500Sマヌアーレは、最高出力85psを発生する0.9リッターの2気筒「ツインエア」エンジンに、5段MTを組み合わせたモデルである。同エンジンを搭載する500シリーズの現行ラインナップは、全車2ペダル仕様のATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を採用しており、FCAジャパンは、スポーティーなモデルに仕上がっているとアピールする。車名のマヌアーレは、イタリア語で“自ら操る”を意味するという。

エクステリアでは、スポーティーな印象をもたらすデザインのバンパーを車体前後に採用したほか、サイドスカートやリアルーフスポイラーも装備する。サテングレー仕上げのエクステリアパーツやクローム仕上げのエキゾーストパイプフィニッシャー、ダークグレー色のアルミホイールなども採用している。ボディーカラーは専用のポンペイグレーとなる。

インテリアは、レザースポークステアリングホイールや、専用シフトノブ、専用デザインのシート表皮を採用したファブリックシートなどが特徴だ。

これらを含む、500Sマヌアーレの主な装備は下記の通り。

  • 15インチ5ダブルスポークアルミホイール+185/55R15タイヤ
  • 500S専用フロント/リアバンパー
  • 500S専用サイドスカート
  • リアルーフスポイラー
  • サテングレー仕上げアクセントライン
  • サテングレー仕上げドアハンドル
  • サテングレー仕上げテールゲートハンドル
  • クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャー
  • 500S専用デザインファブリックシート
  • 専用インストゥルメントパネル
  • レザースポーツステアリングホイール(オーディオ/ハンズフリーコントローラー付き)
  • 500S専用シフトノブ

価格は241万円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • 第691回:【Movie】いきなり登録ナンバーワン! 新型「フィアット500」に乗ってみた 2021.1.28 マッキナ あらモーダ! かつてショールームの展示車を紹介したディーラーから、大矢アキオに「新型『フィアット500』の試乗車がご用意できました」という誘いがやってきた。電気自動車に生まれ変わった新型の走りっぷりをムービーでお届けする。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る