それはライダーのためのものなのか?
初の「日本バイク・オブ・ザ・イヤー」について考える

2018.12.28 デイリーコラム

2018年の最も優れたオートバイは……

2018年12月19日、一般社団法人日本二輪車文化協会が主催する「日本バイク・オブ・ザ・イヤー2018」(以下、BOTY)の結果発表と表彰式が、ホテルグランドアーク半蔵門にて行われた。

この協会は、「オートバイ文化の推進と確立」を目的とし、2016年7月に発足したものだ。以来、地域活性化のためのイベントや女性ライダーのためのフォーラム、もしもの時のためのファーストエイドの講習会開催など多岐にわたる活動実績を持つ。現在理事会は14人の役員と1人の相談役から成り、その多くがバイクの販売店やパーツショップなどに籍を置きながら各種イベントや部会の運営をサポートしている。

BOTYは今回が初の試みであり、受賞結果は大きく報道されることになった。人気・機能・デザイン等を評価基準とし、それに秀でたモデルをウェブ投票と選考委員の得票数によって決定。いくつか設けられた部門賞のほか、最も優れた一台を大賞として選出するのがその概要だ。

受賞結果と審査方法、選考委員等は下記の通りである。

【日本バイク・オブ・ザ・イヤー2018】

■部門賞

  • 原付クラス賞:ホンダ・モンキー125
  • 軽二輪クラス賞:スズキVストローム250
  • 小型二輪クラス賞:カワサキZ900RS
  • 外国車クラス賞:ドゥカティ・パニガーレV4 S
  • ロングランヒット賞:ヤマハSR400/ホンダ・スーパーカブシリーズ

■大賞(ベスト・バイク・オブ・ザ・イヤー)

  • カワサキZ900RS

■選考対象
2017年9月~2018年5月に発売されたモデル
※国内外カテゴリー問わず

■ウェブ投票期間
2018年7月15日~2018年10月31日
※選考委員投票は2018年11月中旬、集計は2018年11月末

■選考委員
大倉正之助(能楽師 大鼓方 重要無形文化財総合指定保持者)
小倉 良(作曲家)
菊地武夫(ファッションデザイナー)
輿水恵一(公明党オートバイ議員懇話会 元代議士)
杉田水脈(自民党オートバイ議連 代議士)
鈴木英敬(三重県知事)
樋口髙顕(東京都議会議員)
福岡賢二(神戸情報大学院大学教授 副学長)
牧内真一郎(株式会社秋田書店執行役員 編集局次長)
松浪健太(日本維新の会オートバイ議連会長 元代議士)
間宮淑夫(内閣府審議官 文化経済戦略特別チーム 副チーム長)
三原じゅん子(自民党オートバイ議連事務局長 参議院議員)
山本ひろ子(目黒区議会議員)
吉田美佳子(女優)

いかがだろう? 各賞は得票による結果なので、もちろん問題はない。特に大賞の「Z900RS」は、話題性も実際の性能も受賞に値するもので、なによりその販売台数によってライバルを圧倒。2018年のバイク界を語る上で、間違いなく外せない一台である。

初開催となった「日本バイク・オブ・ザ・イヤー」で大賞を受賞したのは、「カワサキZ900RS」。往年の名車「Z1」のイメージをまとう、“ネオクラシック”なネイキッドバイクである。価格は、キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジのモデル(写真)で132万8400円。
初開催となった「日本バイク・オブ・ザ・イヤー」で大賞を受賞したのは、「カワサキZ900RS」。往年の名車「Z1」のイメージをまとう、“ネオクラシック”なネイキッドバイクである。価格は、キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジのモデル(写真)で132万8400円。拡大
2017年の東京モーターショーで初披露された「Z900RS」。会場には、早くもカスタマイズモデルが多数展示され、多くのモーターサイクルファンの注目を集めた。写真は当時のカワサキブースの様子。
2017年の東京モーターショーで初披露された「Z900RS」。会場には、早くもカスタマイズモデルが多数展示され、多くのモーターサイクルファンの注目を集めた。写真は当時のカワサキブースの様子。拡大
原付クラスの部門賞を受賞した「ホンダ・モンキー125」。2017年8月に生産終了となったロングセラーの50ccモデル「モンキー」の後を継ぐ形で発売された。
原付クラスの部門賞を受賞した「ホンダ・モンキー125」。2017年8月に生産終了となったロングセラーの50ccモデル「モンキー」の後を継ぐ形で発売された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事