日産、航続距離を向上させた「リーフe+」を追加設定

2019.01.09 自動車ニュース
「日産リーフe+」
「日産リーフe+」拡大

日産自動車は2019年1月9日、電気自動車「リーフ」にパフォーマンスと航続距離を向上させた「リーフe+(イープラス)」を追加設定し、同年1月23日に発売すると発表した。

航続可能距離はWLTCモードで458km、JC08モードで570kmに達する。
航続可能距離はWLTCモードで458km、JC08モードで570kmに達する。拡大
電流量アップとインバーターの強化により、駆動用モーターは最高出力218ps、最大トルク340Nmへと強化されている。
電流量アップとインバーターの強化により、駆動用モーターは最高出力218ps、最大トルク340Nmへと強化されている。拡大
標準の「リーフ」の1.5倍となる288セルのバッテリーモジュールを搭載する。
標準の「リーフ」の1.5倍となる288セルのバッテリーモジュールを搭載する。拡大
フロントバンパーの下端にブルーのリップスポイラー状のパーツが装着される。
フロントバンパーの下端にブルーのリップスポイラー状のパーツが装着される。拡大
100kWの急速充電器が利用できるほか、普通充電もより強力な6kWに対応する。
100kWの急速充電器が利用できるほか、普通充電もより強力な6kWに対応する。拡大

WLTCモードの航続可能距離は458km

リーフe+は62kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。従来のリーフが40kWhだったのに比べて容量を55%増加させた。航続距離はリーフの322km(WLTCモード)/400km(JC08モード)に対し、458km(WLTCモード)/570km(JC08モード)へと大幅に向上している。458kmという数字は、一日あたりの走行距離のユーザーカバー率で99.5%に相当するという。

新型モジュールの採用によってバッテリーパックを約25%高密度化しており、容量増加による室内空間やデザインへの影響はない。従来の50kWに加え、100kWの急速充電にも対応する。

モーターの最高出力はリーフの110kW(150ps)から160kW(218ps)に、最大トルクは320Nmから340Nmにアップ。リーフでは最大加速Gが継続するのは発進から50km/hまでだが、リーフe+は70km/hまで伸びる。中間加速性能も向上し、80-120km/hの加速時間は15%減少している。

車両重量はリーフの1490~1520kgに対し1670~1680kgに増加。バッテリーサイズは20mm厚くなったが、最低地上高を15mm下げることによって車高の増加は5mmに抑えた。重心高が10mm低下したことにより、走行安定性が向上したという。

ボディーのねじり剛性は8%アップ。車体ロール角は0.4G旋回時で5%減少している。サスペンションは重量増に対応して仕様変更し、操舵フィーリングの改善を図り、コーナリング時の操舵力特性のばらつきを抑えたという。

標準のリーフとのエクステリアデザインの違いは、フロントバンパーの下部にブルーのリップスポイラー状パーツが追加されたのみにとどまるが、急速充電ポートには「e+」ロゴが記されている。インテリアの変更はない。

e+の発表と同時に、標準のリーフにも踏み間違い防止アシストとLEDヘッドランプが全車標準装備となった。

価格は「e+ X」が416万2320円で、「e+ G」が472万9320円。

(文=鈴木真人/写真=向後一宏)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • 日産、航続距離を向上させた「リーフe+」を追加設定 2019.1.9 自動車ニュース 日産自動車は2019年1月9日、電気自動車「リーフ」にパフォーマンスと航続距離を向上させた「リーフe+(イープラス)」を追加設定し、同年1月23日に発売すると発表した。
  • スバルが「レヴォーグ」を改良 特別仕様車2モデルを設定 2019.5.8 自動車ニュース スバルは2019年5月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」の改良モデルを同年6月27日に発売すると発表した。ハイビームアシストの作動車速を従来の40Km/hから30km/hに変更しボディーカラーに新色を導入。さらに特別仕様車2モデルも新設定している。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
ホームへ戻る