マツダ、シカゴショーに「MX-5」の30周年記念モデルを出展

2019.01.09 自動車ニュース
「マツダMX-5ミアータ30thアニバーサリーエディション」
「マツダMX-5ミアータ30thアニバーサリーエディション」拡大

マツダは2019年1月9日、「MX-5ミアータ(日本名:ロードスター)」の特別仕様車「MX-5ミアータ30thアニバーサリーエディション」を、アメリカで開催されるシカゴモーターショー(開催期間:2019年2月7日~2月18日)で世界初公開すると発表した。

 
マツダ、シカゴショーに「MX-5」の30周年記念モデルを出展の画像拡大

MX-5は1989年のシカゴモーターショーで世界初公開された。今回の特別仕様車は、同車の誕生30周年に合わせた記念モデルであり、「マツダがお客さまと共に歩んできた30年分の感謝の気持ちを込めた特別仕様車」と説明されている。

現在のところ、同車の詳細は明らかにされておらず、リトラクタブルハードトップ仕様を思わせる車両の写った写真と、製造ナンバーの入るプレートとおぼしき画像のみが公開されている。

マツダでは同車のほかにも、「マツダ3(日本名:アクセラ)」「マツダ6(アテンザ)」「CX-3」「CX-5」「CX-9」をシカゴモーターショーに出展するとしている。

(webCG)

関連キーワード:
ロードスター, ロードスターRF, マツダ, モーターショー, シカゴモーターショー2019, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターS(FR/6MT)【試乗記】 2018.8.18 試乗記 マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」がマイナーチェンジ。エンジンに手が入れられた最新の「ロードスターRF」と「ロードスター」を乗り比べてみると、つくり手の思いが詰まったモダンなスポーツカー像が見えてきた。
  • マツダ・ロードスターRF VS(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.2 試乗記 パワートレインの出力向上や運転支援システムの強化など、大幅な改良を受けた「マツダ・ロードスターRF」。雨雲の下でのドライブを通し、ハードトップを備えた“快適仕様”なロードスターの意義について考えた。
  • 【デトロイトショー2019】トヨタが新型「スープラ」を世界初公開 2019.1.14 自動車ニュース トヨタがデトロイトショーで新型「スープラ」を発表した。「BMW Z4」とコンポーネンツを共有するスポーツクーペで、最高出力340psの3リッター直6ターボエンジンに加え、出力の異なる2種類の2リッター直4ターボも用意される。日本導入は2019年春の予定。
  • 「日産リーフe+」発表会の会場から 2019.1.9 画像・写真 ノーマルモデルからバッテリー容量が55%、一充電あたりの航続可能距離が43%、モーターの最高出力が45%それぞれアップした、2代目「日産リーフ」の真打ちともいえる「リーフe+(イープラス)」がいよいよデビュー! 発表会の様子を写真とともにリポートする。
  • 第117回:いぶし銀の中年男 2018.12.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第117回は「いぶし銀の中年男」。90年代を代表する国産スポーツ、初代「NSX」 とR32「GT-R」は、発売当時フェラーリ崇拝者の筆者にどう映ったのか? 29年越しにハンドルを握った GT-Rの印象とともに送る。
ホームへ戻る