【東京オートサロン2019】新型「マツダ3」、東京オートサロンで日本初公開

2019.01.11 自動車ニュース
新型「マツダ3ハッチバック」とマツダの青山裕大常務執行役員。
新型「マツダ3ハッチバック」とマツダの青山裕大常務執行役員。拡大

マツダは2019年1月11日、千葉・幕張で開催中の「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月13日まで)において、新型「マツダ3」(北米仕様をベースとした参考出品車)を日本で初公開した。

 
【東京オートサロン2019】新型「マツダ3」、東京オートサロンで日本初公開の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】新型「マツダ3」、東京オートサロンで日本初公開の画像拡大
新型「マツダ3セダン」
新型「マツダ3セダン」拡大
マツダ3カスタムスタイル
マツダ3カスタムスタイル拡大

マツダの次世代を担う新型車を“本邦初公開”

マツダ3はCセグメントに属する5ドアハッチバックおよび4ドアセダンである。日本における現行型「アクセラ」の後継モデルと目されるモデルで、2018年11月にロサンゼルスモーターショーで世界初公開された。

今回のプレスカンファレンスでは、マツダのグローバルマーケティングを担う青山裕大常務執行役員が登壇し、同車について「マツダが一貫して追求してきた“走る歓(よろこ)び”をさらに高め、マツダプレミアムの実現に向けた、マツダの新時代を切り開く役割を担う」「見て、乗って、また乗りたくなる、クルマに求められるすべての領域の質を飛躍的に高めた」と説明。特にデザインについては、「世界各地さまざまな賞を受賞したコンセプトモデルをもとに、セダンとハッチバックそれぞれの車形における美しさを妥協なく追求し、異なる造形美を表現した」と述べた。

また、今回のオートサロンでは標準仕様のハッチバックとセダン2台に加え、ハッチバックをベースとした「マツダ3カスタムスタイル」も展示。同車はマツダデザインとカスタマイズの価値の両立をうたうカスタマイズカーのコンセプトモデルで、スポーティーでありながらも上質な品の表現に挑戦しているという。

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3ファストバック, マツダ3セダン, マツダ, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【海外試乗記】 2019.7.25 試乗記 ガソリンエンジンならではの爽快感と、ディーゼルエンジンの力強さ。その“いいとこ取り”をうたうマツダの「スカイアクティブX」ユニットは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 新エンジン搭載の「マツダ3」にドイツで試乗した。
  • マツダCX-30(FF/6MT)/CX-30(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.7.17 試乗記 「CX-3」と「CX-5」の間に割って入る、マツダの新型クロスオーバー「CX-30」。国内での発売に先駆けてドイツ・フランクフルトで試乗した筆者は、激戦のSUV市場でも輝ける完成度の高さを感じたのだった。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
ホームへ戻る