【東京オートサロン2019】新型「マツダ3」、東京オートサロンで日本初公開

2019.01.11 自動車ニュース
新型「マツダ3ハッチバック」とマツダの青山裕大常務執行役員。
新型「マツダ3ハッチバック」とマツダの青山裕大常務執行役員。拡大

マツダは2019年1月11日、千葉・幕張で開催中の「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月13日まで)において、新型「マツダ3」(北米仕様をベースとした参考出品車)を日本で初公開した。

 
【東京オートサロン2019】新型「マツダ3」、東京オートサロンで日本初公開の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】新型「マツダ3」、東京オートサロンで日本初公開の画像拡大
新型「マツダ3セダン」
新型「マツダ3セダン」拡大
マツダ3カスタムスタイル
マツダ3カスタムスタイル拡大

マツダの次世代を担う新型車を“本邦初公開”

マツダ3はCセグメントに属する5ドアハッチバックおよび4ドアセダンである。日本における現行型「アクセラ」の後継モデルと目されるモデルで、2018年11月にロサンゼルスモーターショーで世界初公開された。

今回のプレスカンファレンスでは、マツダのグローバルマーケティングを担う青山裕大常務執行役員が登壇し、同車について「マツダが一貫して追求してきた“走る歓(よろこ)び”をさらに高め、マツダプレミアムの実現に向けた、マツダの新時代を切り開く役割を担う」「見て、乗って、また乗りたくなる、クルマに求められるすべての領域の質を飛躍的に高めた」と説明。特にデザインについては、「世界各地さまざまな賞を受賞したコンセプトモデルをもとに、セダンとハッチバックそれぞれの車形における美しさを妥協なく追求し、異なる造形美を表現した」と述べた。

また、今回のオートサロンでは標準仕様のハッチバックとセダン2台に加え、ハッチバックをベースとした「マツダ3カスタムスタイル」も展示。同車はマツダデザインとカスタマイズの価値の両立をうたうカスタマイズカーのコンセプトモデルで、スポーティーでありながらも上質な品の表現に挑戦しているという。

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3ファストバック, マツダ3セダン, マツダ, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が登場 新世代ガソリンエンジンがいよいよデビュー 2019.11.25 自動車ニュース マツダが「スカイアクティブX」を搭載する「マツダ3ファストバック」「マツダ3セダン」を2019年12月5日に発売すると発表した。駆動方式はともにFFと4WDが用意されており、ファストバックについては6段AT仕様に加え、6段MT仕様も選択可能となっている。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.11.23 試乗記 フランスのミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に、ハイパフォーマンスグレードの「A110S」が追加された。よりパワフルなエンジンと引き締められた足まわりで、その走りはどう変わったのか? ポルトガルのエストリルサーキットから報告する。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • マツダ3(日本名:アクセラ) 2018.11.28 画像・写真 マツダが新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」や圧縮着火型ガソリンエンジン「スカイアクティブX」といった新機軸を搭載した新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る