【東京オートサロン2019】新型「マツダ3」、東京オートサロンで日本初公開

2019.01.11 自動車ニュース
新型「マツダ3ハッチバック」とマツダの青山裕大常務執行役員。
新型「マツダ3ハッチバック」とマツダの青山裕大常務執行役員。拡大

マツダは2019年1月11日、千葉・幕張で開催中の「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月13日まで)において、新型「マツダ3」(北米仕様をベースとした参考出品車)を日本で初公開した。

 
【東京オートサロン2019】新型「マツダ3」、東京オートサロンで日本初公開の画像拡大
 
【東京オートサロン2019】新型「マツダ3」、東京オートサロンで日本初公開の画像拡大
新型「マツダ3セダン」
新型「マツダ3セダン」拡大
マツダ3カスタムスタイル
マツダ3カスタムスタイル拡大

マツダの次世代を担う新型車を“本邦初公開”

マツダ3はCセグメントに属する5ドアハッチバックおよび4ドアセダンである。日本における現行型「アクセラ」の後継モデルと目されるモデルで、2018年11月にロサンゼルスモーターショーで世界初公開された。

今回のプレスカンファレンスでは、マツダのグローバルマーケティングを担う青山裕大常務執行役員が登壇し、同車について「マツダが一貫して追求してきた“走る歓(よろこ)び”をさらに高め、マツダプレミアムの実現に向けた、マツダの新時代を切り開く役割を担う」「見て、乗って、また乗りたくなる、クルマに求められるすべての領域の質を飛躍的に高めた」と説明。特にデザインについては、「世界各地さまざまな賞を受賞したコンセプトモデルをもとに、セダンとハッチバックそれぞれの車形における美しさを妥協なく追求し、異なる造形美を表現した」と述べた。

また、今回のオートサロンでは標準仕様のハッチバックとセダン2台に加え、ハッチバックをベースとした「マツダ3カスタムスタイル」も展示。同車はマツダデザインとカスタマイズの価値の両立をうたうカスタマイズカーのコンセプトモデルで、スポーティーでありながらも上質な品の表現に挑戦しているという。

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3ファストバック, マツダ3セダン, マツダ, 東京オートサロン2019, モーターショー, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • ホンダ・ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.2 試乗記 ホンダの純正アクセサリーメーカー、ホンダアクセスが手がけるコンプリートカー「Modulo X(モデューロX)」シリーズに、第6弾モデル「ヴェゼル モデューロX」が登場。シリーズ初となるSUVは、いささか得手不得手のはっきりしたクルマとなっていた。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
ホームへ戻る