クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う

2019.01.14 デイリーコラム

標準車とも「カスタム」とも違う、新しい提案

昨年(2018年)末の12月20日、スズキは「スペーシア」シリーズの新モデル「スペーシア ギア」を発売したが、これに関する『webCG』の記事が驚くほど多くのアクセスを集め、取材を担当したほった青年が編集部でウハウハしているという。

webCGは基本的に“クルマ好き”からのアクセスが多いわけで、つまりスペーシア ギアは、クルマ好きの心に刺さる素養を持っているということになる。その素養とは、ズバリ「機能的でアクティブな雰囲気(デザイン)」だ。あるいは「所帯じみてない雰囲気」か。スペーシアや「スペーシア カスタム」とスペーシア ギアとの違いは、基本的にデザインだけ。写真をパッと見て、多くのクルマ好きが「これ、いいかも」と興味を持ったのだろう。

スペーシアや「ホンダN-BOX」などの軽トールワゴンが、国内販売の上位を占める超売れ筋であることはいまさら言うまでもないが、クルマ好きの心に刺さっているかと問われれば、やや微妙だ。N-BOXのノーマルグレードは機能的な箱型ゆえに、クルマ好きが「ふだんの足にいいかも」と考える可能性は割合高いと推測されるが、先代N-BOXの機能美からは後退している。ライバルであるスペーシアや「ダイハツ・タント」のデザインは、N-BOXに比べると明らかに生活感が強く、ちょっと敬遠したくなる。この生活感こそ、N-BOXの独走を許す最大の要因ではないでしょうか? わかりませんが。

さらに、いわゆる「カスタム」グレードは、メッキを多用した威圧感のあるオラオラフェイスが定番で、これはエンスージアスティックなクルマ好きが最も嫌うタイプに属する。「アルファード」などに対するクルマ好きの罵詈(ばり)雑言、本当にすさまじいです……。

ところがスペーシア ギアは、生活感もオラオラ感も薄い。しかしシンプルな機能美かというとそうではなく、「ハスラー」などのライトクロカン的なアクティブ感をさらに大盛りにした感じだが、それがスペーシア本来の生活感を覆い隠していて、「男のギア」っぽく、カッコよく仕上がっている。

スズキ・スペーシア ギア
スズキ・スペーシア ギア拡大
ベーシックな「スズキ・スペーシア」。現行型はスーツケースをモチーフにしたというデザインが特徴で、先代スペーシアや“ご先祖”にあたる「パレット」と比べたらだいぶ生活感が薄くなったのだが……。
ベーシックな「スズキ・スペーシア」。現行型はスーツケースをモチーフにしたというデザインが特徴で、先代スペーシアや“ご先祖”にあたる「パレット」と比べたらだいぶ生活感が薄くなったのだが……。拡大
軽トールワゴンの“開祖”である「ダイハツ・タント」の「カスタム RS“トップエディション SA III”」。今ではどこのメーカーの軽ハイトワゴンにも、こうしたカスタム仕様が用意されている。
軽トールワゴンの“開祖”である「ダイハツ・タント」の「カスタム RS“トップエディション SA III”」。今ではどこのメーカーの軽ハイトワゴンにも、こうしたカスタム仕様が用意されている。拡大
国内販売ランキングで首位を快走する「ホンダN-BOX」。左奥が標準仕様の「N-BOX」で、右手前が「N-BOXカスタム」。
国内販売ランキングで首位を快走する「ホンダN-BOX」。左奥が標準仕様の「N-BOX」で、右手前が「N-BOXカスタム」。拡大

このデザインなら女性にもウケるのでは?

スペーシア ギアを見て私がまず連想したのは、かつての「ダイハツ・ネイキッド」だ。ネイキッドは、ドアヒンジをあえて外側に出すなどの軍用車っぽい演出で、クルマ好きの支持を集めた。私も「これ、いいな~」とかなり引かれたものです。あるいは、日産の「ラシーン」。あれも方向性はネイキッドに近く、シンプルな道具感がクルマ好きの心を奪った。価格が割高だったこともあり、ネイキッドもラシーンも一般ユーザーの支持はサッパリ得られず、販売不振で一代限りで消えたが、中古車は現在でも高い人気を集めている。

だったらスペーシア ギアも、ネイキッドやラシーン同様、クルマ好きの支持は集めるものの販売不振で消滅する……というパターンかと思いきや、そうはならないだろう。スペーシア ギアは、なにしろ中身は基本的にスペーシア。そして価格はスペーシア カスタムと同レベル(ノーマルの25万円高)だ。ネイキッドやラシーンは成り立ちからしてやや特殊だったが、スペーシア ギアは見た目がアクティブなだけで、使い勝手は一切犠牲になっていないし、価格は、見た目の盛り盛り感からするとかえって割安だ。

このアクティブ感の大盛り、男性受けは間違いないが、販売のカギを握る女性にも受け入れられるんじゃないだろうか。多くの女性は、実際には“きゃわゆい女性向け仕様車”をそれほど好んでおらず、逆に激しく嫌う人も少なくない。女性が最も好むのは、性別を問わないユニセックスカーだ(たぶん)。スペーシア ギアは、女性にとってはやや男性寄り過ぎるかもしれないが、おそらくは許容範囲ではなかろうか?

……これは、ひょっとしたらスズキは、ホンダもダイハツもまだ持っていない、新しい武器を手に入れたのでは? スペーシアのN-BOX追撃態勢は整った! 販売台数逆転……まではムリでも、今後は差を詰めるかもしれない。

(文=清水草一/写真=スズキ、ダイハツ、本田技研工業、webCG)

中古車市場でカルト的な人気を誇る「日産ラシーン」だが、“現役時代”はいまひとつ人気が出ず、「ダイハツ・ネイキッド」と同じく一代限りで消滅してしまった。
中古車市場でカルト的な人気を誇る「日産ラシーン」だが、“現役時代”はいまひとつ人気が出ず、「ダイハツ・ネイキッド」と同じく一代限りで消滅してしまった。拡大
「スペーシア ギア」のインテリア。各部のデザインが違ったり、荷室まわりが防汚仕様になっていたりするが、基本的な設計は標準車の「スペーシア」と変わらない。
「スペーシア ギア」のインテリア。各部のデザインが違ったり、荷室まわりが防汚仕様になっていたりするが、基本的な設計は標準車の「スペーシア」と変わらない。拡大
「スペーシア ギア」(右手前)の価格は161万4600円から181万3320円と、「スペーシア カスタム」(左奥)の価格と同レベルである。
「スペーシア ギア」(右手前)の価格は161万4600円から181万3320円と、「スペーシア カスタム」(左奥)の価格と同レベルである。拡大
(たぶん)前途有望なSUV風軽トールワゴン。ライバルが同じコンセプトのモデルを持っていないだけに、スズキは今がチャンス……かもしれない。
(たぶん)前途有望なSUV風軽トールワゴン。ライバルが同じコンセプトのモデルを持っていないだけに、スズキは今がチャンス……かもしれない。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ スペーシア ギア の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。