「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う

2019.01.14 デイリーコラム

標準車とも「カスタム」とも違う、新しい提案

昨年(2018年)末の12月20日、スズキは「スペーシア」シリーズの新モデル「スペーシア ギア」を発売したが、これに関する『webCG』の記事が驚くほど多くのアクセスを集め、取材を担当したほった青年が編集部でウハウハしているという。

webCGは基本的に“クルマ好き”からのアクセスが多いわけで、つまりスペーシア ギアは、クルマ好きの心に刺さる素養を持っているということになる。その素養とは、ズバリ「機能的でアクティブな雰囲気(デザイン)」だ。あるいは「所帯じみてない雰囲気」か。スペーシアや「スペーシア カスタム」とスペーシア ギアとの違いは、基本的にデザインだけ。写真をパッと見て、多くのクルマ好きが「これ、いいかも」と興味を持ったのだろう。

スペーシアや「ホンダN-BOX」などの軽トールワゴンが、国内販売の上位を占める超売れ筋であることはいまさら言うまでもないが、クルマ好きの心に刺さっているかと問われれば、やや微妙だ。N-BOXのノーマルグレードは機能的な箱型ゆえに、クルマ好きが「ふだんの足にいいかも」と考える可能性は割合高いと推測されるが、先代N-BOXの機能美からは後退している。ライバルであるスペーシアや「ダイハツ・タント」のデザインは、N-BOXに比べると明らかに生活感が強く、ちょっと敬遠したくなる。この生活感こそ、N-BOXの独走を許す最大の要因ではないでしょうか? わかりませんが。

さらに、いわゆる「カスタム」グレードは、メッキを多用した威圧感のあるオラオラフェイスが定番で、これはエンスージアスティックなクルマ好きが最も嫌うタイプに属する。「アルファード」などに対するクルマ好きの罵詈(ばり)雑言、本当にすさまじいです……。

ところがスペーシア ギアは、生活感もオラオラ感も薄い。しかしシンプルな機能美かというとそうではなく、「ハスラー」などのライトクロカン的なアクティブ感をさらに大盛りにした感じだが、それがスペーシア本来の生活感を覆い隠していて、「男のギア」っぽく、カッコよく仕上がっている。

スズキ・スペーシア ギア
スズキ・スペーシア ギア拡大
ベーシックな「スズキ・スペーシア」。現行型はスーツケースをモチーフにしたというデザインが特徴で、先代スペーシアや“ご先祖”にあたる「パレット」と比べたらだいぶ生活感が薄くなったのだが……。
ベーシックな「スズキ・スペーシア」。現行型はスーツケースをモチーフにしたというデザインが特徴で、先代スペーシアや“ご先祖”にあたる「パレット」と比べたらだいぶ生活感が薄くなったのだが……。拡大
軽トールワゴンの“開祖”である「ダイハツ・タント」の「カスタム RS“トップエディション SA III”」。今ではどこのメーカーの軽ハイトワゴンにも、こうしたカスタム仕様が用意されている。
軽トールワゴンの“開祖”である「ダイハツ・タント」の「カスタム RS“トップエディション SA III”」。今ではどこのメーカーの軽ハイトワゴンにも、こうしたカスタム仕様が用意されている。拡大
国内販売ランキングで首位を快走する「ホンダN-BOX」。左奥が標準仕様の「N-BOX」で、右手前が「N-BOXカスタム」。
国内販売ランキングで首位を快走する「ホンダN-BOX」。左奥が標準仕様の「N-BOX」で、右手前が「N-BOXカスタム」。拡大
スズキ スペーシア ギア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • 「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
    「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う
    2019.1.14 デイリーコラム 発表と同時に、既存のモデルとは一味違うデザインで話題をさらった「スズキ・スペーシア ギア」。クロスオーバースタイルという、ありそうでなかった軽トールワゴンはスズキの切り札となるか? 過去のモデルとの比較を通し、その可能性について考えた。
  • スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム 2017.12.14 画像・写真 スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア/スペーシア カスタム」がフルモデルチェンジ。家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
  • ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)【レビュー】 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。
ホームへ戻る